LINEモバイルで初期費用(事務手数料)を0円にする2つの方法

lineモバイルの初期費用

LINEモバイルを契約する際には初期費用がかかります。初期費用がかかるのは最初の一度切りですが、可能であればなるべく安くしたいですよね。

今回はLINEモバイルの初期費用がいくらかかるのかを詳しく解説するとともに、初期費用を安く抑える方法も紹介します。LINEモバイルの契約を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

5ヶ月半額

LINEモバイル

1.LINEモバイルの初期費用はどれくらい?

LINEモバイルを契約する際にかかる初期費用はどのようなものがあり、いくらかかるのでしょうか?

まずはLINEモバイルの初期費用について解説します。

1-1.初期費用は3400円

LINEモバイルを新規契約する際には3,400円の初期費用がかかります。このうちウェブ登録事務手数料が3,000円、SIMカード発行手数料が400円です。

初期費用の内訳

  • ウェブ登録事務手数料:3000円
  • SIMカード発行手数料:400円

契約するプランやSIMカードタイプに関わらず、必ず同じ額の初期費用がかかります。

これはLINEモバイルに限ったことではありません。名前はそれぞれで異なりますが、他の格安でも3,000円の事務手数料と400円前後のSIMカード発行手数料がかかるのが一般的です。

なお、LINEモバイルではLINEアカウントと契約者連携を行うと毎月の利用料の1%分のLINEポイントが貯まるようになっていますが、初期費用についてはポイント付与の対象外です。

1-2.その他、乗り換えにかかる費用

他の携帯電話会社から乗り換える場合は初期費用のほかに以下の手数料がかかります。

  • MNP転出手数料:2,000~3,000円
  • 違約金:10,000円前後

電話番号を他のキャリアに引き継ぐ「MNP」を利用してLINEモバイルに乗り換える場合はMNP転出手数料がかかります。料金はキャリアにもよりますが2,000~3,000円が一般的です。

また、キャリアとの契約によっては解約時に違約金がかかることがあります。例えば大手キャリア3社の場合はいずれも2年縛りとなっており、更新月以外に解約すると9,500円の違約金が発生します。

他社からLINEモバイルに乗り換える場合はLINEモバイルの初期費用だけでなく、MNP転出手数料と違約金についてもしっかり確認しましょう。

結構、費用がかかりますね。やっぱりLINEモバイルへの乗り換えは辞めておこうかな。

あなたは何も計算できないの?LINEモバイルに乗り換えれば毎月4000~5000円くらい安くなるの。手数料や違約金は3ヶ月位で元が取れるわ。

2.LINEモバイルのウェブ登録事務手数料(3000円)は0円にできる

う~ん、あとで元が取れるとはいえ、初期費用は嫌だなぁ。

少し手間がかかるけど、初期費用を抑える方法があるわ。

LINEモバイルを契約する際は3,400円の初期費用がかかるということでしたが、このうち3,000円のウェブ登録事務手数料は以下の方法で0円にすることができます。

  • エントリーパッケージを利用する
  • 招待プログラムを利用する

方法1 エントリーパッケージを利用する(おすすめ)

もっともおすすめの方法はエントリーパッケージを利用することです。エントリーパッケージを購入し、その中に記載されているエントリーコードを入力すると3,000円のウェブ登録事務手数料が0円になります。

lineモバイルのエントリーパッケージ

エントリーパッケージはAmazon、または家電量販店で購入できます。定価は900円ですが実際の料金は販売している場所で異なり、Amazonなら半額の450円(最安)で購入可能です。

450円のパッケージを購入して3,000円のウェブ登録事務手数料が0円になるわけですから、エントリーパッケージを利用することで2,550円もお得になる計算です。

>>Amazonでエントリーパッケージを購入する

エントリーパッケージの注意点

とてもお得なエントリーパッケージですが、以下の2点に注意してください。

  • キャンペーンが適用されないことがある
  • データSIMは申し込めない

エントリーパッケージを利用して申し込むとキャンペーンが適用されないことがあります。

実際に適用されるかどうかは各キャンペーンで異なるので、LINEモバイルでお得なキャンペーンが実施されている場合はエントリーパッケージを利用しても適用されるかどうかを確認するようにしてください。

また、エントリーパッケージで申し込めるのはSMS付きデータSIMまたは音声通話SIMだけです。月額500円で使える「LINEフリープランのデータSIM」は申し込めないので気を付けましょう。

最新キャンペーンの適用条件を調べる↓

【2019年4月】LINEモバイルのキャンペーンと注意点・利用条件まとめ

方法2 招待プログラムを利用する

2つ目は「招待プログラム」を利用する方法です。すでにLINEモバイルを利用しているユーザーから招待してもらうことで、ウェブ登録事務手数料が以下のように安くなります。

契約するSIMカードのタイプ ウェブ登録事務手数料
音声通話SIM 0円
SMS付きデータSIM 500円
データSIM 1,000円

SIMカードタイプによって割引額が異なり、音声通話SIMを契約する場合はウェブ登録事務手数料が0円になります。招待したユーザーも招待した人数×1,000ポイントのLINEポイントがもらえるので、招待した方もされた方もお得です。

近くにLINEモバイルユーザーがいる必要があるので利用できる人は限られますが、エントリーパッケージと違って3,000円分丸々無料になります。

3.LINEモバイルは初月無料なので初期費用の負担が少ない

色々と手数料が重なると、初月の負担が結構大きくなりそうですね。

大丈夫、LINEモバイルは初月無料だから負担が少ないのよ。

3-1.最初の請求は契約月の翌月から(初月無料)

LINEモバイルの最初の請求は契約月の翌月から始まります。なぜかと言うと、LINEモバイルは初月の月額料金が無料だからです。どのプランでも最初の1ヶ月は無料で利用できます。これはお得ですね。

初月無料を生かすためにも、LINEモバイルはなるべく月初めに契約するのがおすすめです。

3-2.利用開始日のルールをうまく活用しよう

例えば2月1日にLINEモバイルを契約できれば、残りの27日間は無料でLINEモバイルを使えます。しかし、2月18日に契約してしまうと、無料で使えるのは10日間だけとなり、損です。

LINEモバイルにおける初月は「利用開始日を含む月」と定義されています。つまり、利用開始日がなるべく月初めに来るように契約するのがお得です。

LINEモバイルの利用開始日は契約方法や回線種別によって以下のように定義されています。

利用開始日のルール

■ドコモ回線で契約

  • 新規:商品が発送された翌々日
  • MNP:「利用開始手続きが完了した翌日」か「商品が到着した3日後」の早い方

■ソフトバンク回線で契約

  • 新規:「利用開始手続きが完了した翌日」か「商品発送日の8日後の早い方」
  • MNP:「利用開始手続きが完了した翌日」か「MNP予約番号有効期限の最終日の翌日」の早い方

利用開始日のルールは細かく分かれており、複雑ですね。ただ、いずれにせよ月末か月末の1日前に契約するのがおすすめです。そうすれば翌日の1~3日くらいが利用開始日になり、初月無料の恩恵をより受けられます。

おすすめの申込みタイミング

  • 新規契約 → 月末に申込み
  • MNP → 月末までに申込み(1週間前がベスト)

MNPの場合は、大手キャリアが日割り無しで1ヶ月の請求をかけることもあり、初月無料を無視して月末までに申し込んだ方がお得です。

LINEモバイルの初月無料を最大限に活かす方法については、以下の記事も参考にしてください。

LINEモバイルは初月無料!無料で10GB貰う方法と一番お得な申込みタイミング

4.【まとめ】3ヶ月で元が取れるLINEモバイルの初期費用は気にしなくてもOK

以上、LINEモバイルの初期費用について詳しく解説しました。

LINEモバイルの初期費用はウェブ登録事務手数料が3,000円、SIMカード発行手数料が400円で、合計3,400円です。格安SIMとしては一般的な金額ですが、できるだけ安く済ませたいですよね。

LINEモバイルの初期費用のうち「ウェブ登録事務手数料3,000円」については「エントリーパッケージ」を購入するか、すでにLINEモバイルを利用しているユーザーから招待してもらうことで0円にすることもできます。

とくにエントリーパッケージはいつでもAmazonで気軽に購入できるのでおすすめです。うまく活用して、少しでも初期費用を抑えましょう。

ウェブ登録事務手数料0円にするのが面倒なら、そのままLINEモバイルに申込みましょう。たった3~4ヶ月で各手数料・違約金の元は取れます。いますぐ、LINEモバイルに乗り換えた方がお得ですよ。

10分契約でスマホ代を2000円以下にする↓

>>LINEモバイルの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。