格安SIM・格安スマホ

一番お得なのは?iPhone 7を安く買うなら格安SIM

格安sim iPhone7

iPhone 7を安く買いたい!

新型iPhoneの発売に伴い大幅値下げされたiPhone 7。ハイスペックな割に値段が安いため、注文が殺到している状況です。iPhone 7を最も安く購入する方法は格安SIMのセット購入です。

今回は、iPhone 7をSIMカードとセットで購入できる格安SIMを比較。単純な価格比較だけでなく、各社の特徴やプラン内容も比べています。その他、大手キャリアとの料金比較も。iPhone 7を安く購入したい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.iPhone 7が購入できる格安SIMとは?

さっそく、iPhone 7の価格を比較していきましょう。

1-1.三つ巴の戦いに

iPhone 7を購入できる格安SIMを比較してみました。すべて実際の支払額となる実質価格(後で詳しく説明します)です。

iPhone 7(32GB)

  • UQモバイル:34236~47196円
  • Y!mobile:26784円
  • BIGLOBEモバイル:56400円

iPhone 7(128GB)

  • UQモバイル:47196~60156円
  • Y!mobile:42984円
  • BIGLOBEモバイル:68400円

3社ともいい勝負ですが、Y!mobileが一歩リードしています。Y!mobileは、iPhone 7に限らず、「iPhone 6s」や「iPhone SE」も断トツの安さです。以前は、mineoもiPhone 7を発売していましたが、現在は在庫切れの状態です(入荷見込み無し)。

iPhone 6sの市場価格は6〜7万円なので、格安SIMだと40〜50%ほど安くなります。分割払いだと、月々1200〜1400円が目安です(32GBモデルの場合)。

さらに、大手キャリアと違ってプラン価格も安いので、トータルの運用コストも安上がりです(料金シミュレーションは後述)。なお、各社テザリングを無料で利用できます。

iPhone 7が高いと感じたらiPhone 6sを使うのも手

ちなみに、格安SIMではiPhone 6sも取り扱っています。iPhone 7と比べて価格は雲泥の差。最安だと、一括540円とワンコインになっています。性能はもちろんiPhone 7より劣りますが、安さを求めるならiPhone 6sの選択もありでしょう。

iPhone 6sについては、以下の記事で詳しく解説しています。

格安SIM iPhone6s
一括540円?格安SIMでiPhone 6sを安く買う方法格安SIMで販売するiPhone 6sの価格情報を掲載。最安値はまさかのワンコイン(540円)に。どの格安SIMが一番安いのか、大手キャリアとの月額料金比較も合わせて解説していきます。値下げされたiPhone 6sが欲しいならぜひ。...

1-2.実質価格で購入するには2年契約が条件

圧倒的な安さで購入できる格安SIMのiPhone。ただ、上記の実質価格を実現するには2年契約が前提となります。これは、転売を防ぐ意味もありますが、2年間の契約を約束に端末代金を安くする仕組みです。大手キャリアと同じシステムです。いわゆる2年縛りですね。

「この価格を提供する代わりに、最低2年は使ってね」そんな約束事があるのです。

2年縛りは嫌だなぁ。
スマホの契約なんて、どのみち2年は使うじゃない。どうしても嫌なら2年契約しなくていいのよ。そのかわり、端末代金が倍以上高いけど。
2年契約します。

オンラインで10分契約!iPhone 7が一番安い↓

Y!mobileの公式サイトへ

1-3.価格以外の特徴を比較

料金だけでなく各社の特徴も比較してみましょう。

  • Y!mobile:通信速度が一番速い(親会社のソフトバンク以上)
  • UQモバイル:WiMAXとのセット割、安定した通信品質
  • BIGLOBEモバイル:エンタメフリーオプションで動画見放題

3社とも人気の格安SIMです。一番ユーザー数が多いのは、ソフトバンクのサブキャリアであるY!mobile。イーモバイル時代に築いた独自の回線を使うため、通信速度が群を抜いて速いです。通信速度にこだわるなら、Y!mobileです。

UQモバイルは、Y!mobileに一歩及びませんが通信速度がトップクラスです。WiMAXとのセット割もあります。また、あんしんフィルターが無料なので、お子さんのスマホにも最適。

BIGLOBEモバイルは通信品質で他の2社に劣りますが、動画見放題のエンタメフリーオプションが使えるのが大きなメリット。Youtubeが手放せない方は、BIGLOBEモバイルだと毎月の通信費を節約できます。

なお、3社ともiPhone 7でテザリングが問題なく使えます。

1-4.料金プランでもY!mobileが一歩リード

3社の料金プランは以下の通り。

Y!mobile(スマホプラン)

データ容量月額料金
1年目2年目以降 
S2GB1980円2980円
M6GB2980円3980円
L14GB4980円5980円

※全プランに10分かけ放題付き

UQモバイル(おしゃべり・ぴったりプラン)

データ容量月額料金
1年目2年目以降
S3GB1980円2980円
M9GB2980円3980円
L21GB4980円5980円

※おしゃべりプランは5分かけ放題、ぴったりプランは60〜180分の通話定額あり

BIGLOBEモバイル(スマホまる得プラン)

プランデータ容量月額料金
1年目2年目以降
S1GB2230円2980円
S+3GB2430円3480円
M6GB2980円3980円
L12GB4230円5980円
2L20GB6030円7480円
3L30GB8280円8980円

※全プランに10分かけ放題(専用アプリ経由)付き

Y!mobileとUQモバイルはプラン価格がほぼ同じ。ただし、Y!mobileはかけ放題の時間が10分と長いです。BIGLOBEモバイルはプラン価格が割高な上、かけ放題が専用アプリ経由。プラン内容としては、一歩劣っています。

2.格安SIMのiPhone 7は値下げの激しい大手キャリアよりお得なの?

大手キャリアのiPhoneが安いって聞いたことがあります。本当は格安SIMより安かったりして?
端末代金は確かに安いわ。だけど、データ通信費を含めた価格を見たら驚くわよ。

さて、iPhone 7の値下げをしているのは格安SIMだけではありません。新型iPhoneの発売に合わせて、大手キャリアも大幅な値引きを行いました。本当に格安SIMの方が安いのか?プラン価格も含めて比べてみましょう。

ドコモ 月額10152円

  • カケホーダイライトプラン:1836円
  • ベーシックパック(3GB〜):7560円
  • SPモード:324円
  • iPhone 7:432円

※5分かけ放題付き

UQモバイル 月額4622円

  • おしゃべりプランM(9GB):3218円
  • iPhone 7:1404円

※5分かけ放題付き

Y!mobile 月額4622円

  • スマホプランM(9GB):3218円
  • iPhone 7:1404円

※10分かけ放題付き

端末代金の支払いが終わる2年間の月額料金です。3社の条件をできるだけ揃えましたが、結果は格安SIMと大手キャリアで2.5倍以上の差に。auとソフトバンクもドコモとほぼ同じ結果です。

ドコモは3GBから20GBまで使えるので単純な比較はできませんが、それでもこの金額差は大きすぎます。3GBプランで揃えても約2倍は大手キャリアの方が高いです。格安SIMへの対抗策としてiPhone 7の本体価格を432円にしたドコモですが、データ通信費を考慮すると、トータルコストは非常に高いです。

いかに、格安SIMでiPhone 7を運用したほうが安いのかが分かります。

だから、大手キャリアは端末代金の価格ばかりを宣伝していたのか・・。
昔からの手法ね。データ通信費が高いのを端末代金の安さで隠しているのよ。

3.【まとめ】格安SIMでiPhone 7を安く購入しよう

この記事では、iPhone 7を購入できる格安SIMを比較してきました。各社でキャンペーン合戦をしているので、最新価格は常に変動しています。ですが、Y!mobileが有利な状況はしばらく変わらないでしょう。

iPhone 7は新型iPhoneほどではありませんが、十分すぎる高スペックで、今でも問題なく使えます。大幅に値下がりしたiPhone 7。この機会に、格安SIMと組み合わせて使うといいですよ。大手キャリアより半額近く安い価格でiPhone 7を維持できます。

オンラインで10分契約!iPhone 7が一番安い↓

Y!mobileの公式サイトへ

もう一度、iPhone 7の価格比較を見る

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。