コメント欄にご質問・感想をどうぞ

iPhone 11/XS/XR/8/7を安く買う5つの方法

iPhoneを安く購入する方法

お知らせ

2020年4月より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

この記事のポイント

  • iPhoneを安く買う方法でインパクトが大きいのは、格安SIMとのセット購入・中古iPhoneの購入・ソフトバンク代理店の利用
  • 機種変更でもオンラインショップを使えば実質17000円の値引きが可能

「できるだけ安くiPhoneを買いたい!」

iPhoneはいくつかの購入手段があります。どうせなら、安く購入したいですよね。

総務省の規制により一括0円などの派手なキャンペーンはなくなりましたが、今でも数万円引きでiPhoneを購入する方法があります。

この記事では、iPhoneを安く購入する方法をくまなく調査。今でも実践できる方法だけを厳選しました。

1.格安SIMとセット購入する

格安SIMとiPhoneって、セットで契約できるんですか?

ええ、iPhoneの価格だけじゃなくて、毎月の通信費も節約できるわよ。

iPhoneシリーズを安く買うための、最も手っ取り早い方法が格安SIMとのセット購入です。

iPhone販売ありの格安SIM

格安SIM 特徴
ワイモバイル ユーザー数1位
UQモバイル 口座振替対応
BIGLOBEモバイル Youtubeカウントフリー
mineo 最新iPhoneが揃う
LINEモバイル SNSカウントフリー
OCNモバイルONE プラン価格が最安

※OCNモバイルONEは中古がメイン

ワイモバイルとUQモバイルは頻繁にセールをするので、市場価格より安くiPhoneを購入できるチャンスが多いです。

また、格安SIMならプラン料金も安いため、月々の通信費を大幅に節約できます。

月額イメージ

  iPhone代金
(分割)
通信費 合計
大手キャリア 3000円 6000円 9000円
格安SIM 2800円 2000円 4800円
iPhoneをセット購入できる格安SIM【2020年】iPhoneをセット購入できる格安SIMを完全比較 格安SIM iPhone SEを安く買う方法格安SIM×iPhone SE(第2世代)セットを安く買う方法

2.中古iPhoneを購入する

できれば新品が欲しいのですが・・

中古でも実質新品のiPhoneがあるのよ。

高額なiPhoneでも中古なら安く購入できます。以下の3点を守れば、中古でも満足のいく買い物ができます。

中古iPhoneを購入するコツ
  • 保証が付いている
  • 販売実績のある中古ショップを選ぶ
  • SIMフリーiPhoneを選ぶ

iPhoneは高額なので保証は重視したいところ。また、多少高くても個人取引より実績のあるショップを選ぶべきです。

すべての条件を満たすおすすめショップは、ずばりイオシスです。イオシスは中古スマホショップの大手で、未使用品(ほぼ新品)も購入できます。

万が一動作しなかったときの無料補償(3か月)も付いています。

3ヶ月保証

無料保証あり

使用感など、端末状態も詳しくランク分けされているので、届いてからイメージと違った・・といった心配も要りません。

オークションやフリマアプリより数百円程度高いのですが、手厚いサービスを考えると十分に投資する価値あり。

購入の際は、どの携帯会社でも使用できるようにSIMフリーのiPhoneを選びましょう。

3.代理店経由でソフトバンクに申し込む

代理店経由とか、ちょっと怖いです。

大丈夫。代理店を通しても不利な条件は付かないわ。

ソフトバンクに正規代理店を通して乗り換えると、iPhoneを安く購入できます。その理由は、高額キャッシュバックがあるからです(au・ドコモには無いメリット)。

キャッシュバック額の相場は2万円。最新iPhoneでも適用されます。

例:iPhone価格が10万円の場合
  • ソフトバンクに直接契約 → 10万円
  • 代理店を経由して契約 → 8万円

※2万円キャッシュバック

代理店を経由してもソフトバンクの料金プランは変わりません。面倒な契約条件もなく、シンプルにキャッシュバックだけを受け取れます。

MEMO
キャッシュバックの振込タイミングは約2週間後

利用すべき代理店は、最も実績のあるおとくケータイ.netがおすすめです。いきなり契約するのは不安だと思いますので、お問い合わせだけでも行ってみましょう。

STEP.1
おとくケータイ.netに問い合わせる
STEP.2
お問い合わせフォームを記入して送信する

おとくケータイのお問い合わせフォーム

お問い合わせフォームが開くので、名前、住所、電話番号、希望機種などを入力してください。

何か要望がある場合は、「ご質問・ご要望・連絡希望日時など」に記入しておきましょう。記入できたら、入力内容を確認して送信してください。

※問い合わせ時点では契約確定ではありません(無料キャンセルOK)

STEP.3
折返しの連絡を確認する

申し込みが完了したら、電話かメールで返信があります(早ければ数分後)。キャンペーン適用条件も教えてくれるので、しっかりと目を通しておきましょう。

STEP.4
お申込みフォーマットを記入する

おとくケータイの申し込みフォーマット

メールで送られてくる「お申込みフォーマット」に必要事項を記入します。キャッシュバックの振込口座もここで入力してください。

STEP.5
ソフトバンクに契約する

ソフトバンク契約の申し込みフォーム

ソフトバンクはオンラインで契約します。

おとくケータイ.netから契約フォームが送られてきます。

※契約フォームは「【ソフトバンク携帯】ご契約完了まで必要なお手続きのお願い」という件名でメールが来る

契約フォームを開いたら画面の指示に従って、氏名・生年月日や支払い情報を入力。本人確認書類をアップロードすれば完了です。

STEP.6
端末の受け取り・回線切り替え

端末は宅急便で送られてきます。

配送期間中は、ソフトバンクに乗り換える前の携帯会社で通話・データ通信が可能です。不通期間は無いので安心してください。

端末が到着したら、専用ダイヤル(0800-100-2551)に連絡して回線切り替え(MNP転入)を行ってください。

連絡後、およそ15分から30分待つと切り替え作業が完了。以前の携帯会社との契約は自動解除されます。

TOPIC
おとくケータイ.netで希望のiPhoneが在庫切れだった場合は、スマホ乗り換え.com(ソフトバンクの代理店)に問い合わせてみましょう

4.オンラインショップ(キャリア)で機種変更する

オンラインショップって何ですか?

オンラインの申し込み窓口よ。店舗と比べて余計な手数料がかからないの

携帯会社を変えず、機種変更でiPhoneを安く購入したいなら、オンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップがおすすめな理由は、頭金を取られないからです。

POINT
頭金の相場は5000円から15000円。支払った頭金は端末代金には充てられない(単なるショップの売り上げ)。

頭金は非常に悪質な制度で、ユーザーからお金を騙し取っていると言っても過言ではありません。

オンラインショップなら、不要な頭金(手数料)が最大15000円もカットできます。加えて、auとドコモは機種変更の際に必要な事務手数料(2000円)もかかりません。

ドコモオンラインショップの手数料

ドコモとauは事務手数料なし

実質、iPhoneを17000円も安く購入できることになります。

iPhoneの機種変更

  • キャリアショップ(店舗) → 端末代金+無駄な手数料(5000円~17000円)
  • オンラインショップ → 端末代金のみ

難しいイメージのあるオンラインショップでの機種変更ですが、10分あれば誰でも手続き可能です。

3キャリアとも、送料は無料。端末が到着したら、iPhoneに付属するSIMピンを使ってSIMカードを入れ替えてください。

なお、オンラインでの機種変更でも不通期間はありません。

MEMO
機種変更だけでなく、新規契約・MNPでもオンラインショップの利用は有効(頭金なし)

ドコモ

  1. ドコモオンラインショップにアクセス
  2. 希望のiPhoneを選ぶ
  3. 「ご希望のご購入手続きを選択」で「機種変更」を選ぶ
  4. 支払回数を選ぶ
  5. 最終確認して申込み
  6. 端末が到着したらSIMカード入替え

 

au

  1. auオンラインショップにアクセス
  2. 希望のiPhoneを選ぶ
  3. ご契約種別で「機種変更」を選ぶ
  4. 料金プラン(アップグレードプログラムの加入)を選択する
  5. 分割回数を選ぶ
  6. 最終確認して申込み
  7. 端末が到着したらSIMカード入替え

 

ソフトバンク

  1. ソフトバンクオンラインショップにアクセス
  2. 希望のiPhoneを選ぶ
  3. 機種変更を選択
  4. 受け取り方法を選択
  5. 電話番号・パスワードでログイン
  6. 料金プランを選択
  7. 最終確認して申込み
  8. 端末が到着したらSIMカード入替え
TOPIC
ドコモはdカード GOLDを使えば、10%のポイント還元あり(毎月のスマホ代が8000円なら800ポイント貯まる)

5.値下げ時期を狙う

我慢がいりますけど、一番シンプルな方法ですね!

iPhoneは9月販売が恒例だから、値下げを狙うなら秋以降よ。

iPhoneを安く買うための基本原則は、値下げを狙うことです。値下げの時期は9~10月が恒例です。

9月は新型iPhoneの発売時期なので、旧iPhoneシリーズが安くなります。特に2~3年前の機種が狙い目です。

値下げ幅の目安
6000円~10000円

6.まとめ

iPhoneシリーズは、工夫次第で安く購入することができます。

とくに、格安SIMとのセット購入やソフトバンク代理店を利用する方法はインパクトあり。数万円も安くiPhoneが手に入りますよ。

その他、オンラインショップの利用や値下げ時期を待つのも有効です。自分に合った方法を実践してみてくださいね。

iPhone12を安く買う方法【最安値】iPhone 12(mini/Pro/Pro MAX)を安く買う方法

【スマホユーザー向け】注目情報

キャリア移行した楽天モバイルのキャンペーンが凄いと聞きましたが?

ええ、新しいプラン「楽天アンリミット」の特典が凄いの。解約金が無いから、キャンペーン目当てで申込んでもリスクは無いわよ。

楽天アンリミット契約で、最大20800ポイント還元のキャンペーン中(終了日未定)。

ポイント還元
  • オンライン契約:3000ポイント
  • 事務手数料還元:3300ポイント
  • 対象端末購入:5000~14500ポイント

オンライン契約だけで、最低でも6300ポイント(6300円分)のポイントをGetできます。対象端末は公式サイトにてチェックしましょう。

ここだけの話、解約金は無いのでポイント目当てで契約するのもありです。

楽天アンリミットとは?

楽天モバイルがキャリア移行に伴い発表した新プランです。月額2980円で高速通信が使い放題です。

現在、300万回線限定の1年無料キャンペーンも同時進行中

CHECK!

楽天アンリミットの評判・レビューへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。