格安SIM・格安スマホ

一括540円?格安SIMでiPhone 6sを安く買う方法

格安SIM iPhone6s

値下がりしたiPhone 6sを激安で購入したい!

新型iPhoneの発売とともに売れていく旧iPhoneシリーズ。その理由は大幅な値下げがあるからです。大手キャリアでも値下げがありましたが、格安SIMの値下げは半端ではない安さになっています。もはやタダ同然とも言える価格に・・。

この記事では、格安SIMで購入できるすべてのiPhone 6sを比較。どこで契約するのがお得なのか、徹底解説しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.iPhone 6sが安い格安SIMはどこ?

さっそく、iPhone 6sの価格を比較していきます。

1-1.UQモバイルとY!mobileの2強に

iPhone 6sは以下の格安SIMで購入できます。

32GBモデル

  • Y!mobile:540円
  • UQモバイル:13476円
  • BIGLOBEモバイル:31200円
  • LINEモバイル:33800円
  • スマモバ:54000円

64GBモデル

  • mineo:59400円
  • QTモバイル:66000円(6s Plus 72000円)

128GBモデル

  • Y!mobile:10584円
  • UQモバイル:23436円
  • BIGLOBEモバイル:43200円
  • LINEモバイル:43800円

ご覧の通り、UQモバイルとY!mobileが群を抜いて安いです。ただし、Y!mobileがキャンペーンで緊急値下げを行ったので、事実上の1強状態に。32GBモデルは衝撃の540円。ワンコインでiPhone 6sを購入できてしまいます。

iPhone 6sの料金

128GBモデルも、約1万円とあり得ない安さに。UQモバイルもY!mobileをライバル視しているので、いずれ値段が下がるかもれません。なお、Y!mobileとUQモバイル以外が格安SIMはかなりの高額となっています。

正確に言えば、こちらの価格が正常なのですが、Y!mobileとUQモバイルが安すぎるため、ずいぶんと高く見えてしまいます。

なんでUQモバイルとY!mobileだけこんなに安いんですか?
理由は分からないけど、2社とも大手キャリアのサブブランドなのが関係しているんじゃいかしら。それぞれau、ソフトバンクがバックに付いているから、多少の赤字でも気にせず販売できるのよ。
CMもバンバン打ってますしね。資本力の違いかー。

1-2.大手キャリアより本当に安いの?

さて、圧倒的な安さで端末を購入できる格安SIM(厳密にはUQモバイルとY!mobileの2社)。大手キャリアと比べて、毎月の利用料金はどれくらい安くなるのでしょうか?

大手キャリア、UQモバイル、Y!mobileでiPhone 6s(32GB)を購入した時の月額料金を比較してみます。大手キャリアの料金はほぼ横並びなので、ここではドコモの利用料金で算出してみました。

ドコモ 月額6642円

  • カケホーダイライトプラン:1782円
  • ベーシックパック(3GB):4320円
  • SPモード:324円
  • iPhone 6s:1782円
  • docomo with:-1620円

※5分かけ放題付き

UQモバイル 月額2570円

  • おしゃべりプランS(3GB):2138円
  • iPhone 6s:432円

※5分かけ放題付き

Y!mobile 月額2138円(初回のみ2678円)

  • スマホプランS(3GB):2138円
  • iPhone 6s:540円(初回のみ)

※10分かけ放題付き

iPhoneは大手キャリアの方が安く買えるイメージですが、実際に比較するとご覧の通り、同じ条件で3分の1まで料金が下がりました。Y!mobileに関しては、かけ放題の時間が10分なので、条件面でも有利です。

安くなるのは分かったけど、通信速度が遅くなるのは嫌なんだよなぁ。
この3社は通信速度も横並びよ。下手したら、Y!mobileが一番ね。UQモバイルはドコモよりわずかに劣るわ。体感速度は変わらないけど。

2年総額だと10万円の差に

ちなみに、大手キャリアとUQモバイル・Y!mobileの料金を2年総額で比較すると、およそ10万円の差に。UQモバイル、Y!mobileは毎月4000円安いので年間5万円の金額差。2年どころか3年、4年・・と続くと信じられない差になることが分かります。乗り換えを先延ばしするメリットは何もありません。

在庫限り!iPhone 6sが540円に↓

Y!mobileの公式サイトへ

Y!mobileの次に安いのはここ↓

UQモバイルの公式サイトへ

1-3.各社の特徴を比較

iPhone 6sを購入できる格安SIMの特徴を比較してみましょう。スマモバはマイナーなので除外しています。

  • Y!mobile:通信速度がNo.1、10分かけ放題あり
  • UQモバイル:Y!mobileに次ぐ通信速度、WiMAXとのセット割あり
  • mineo:フリータンクやマイネ王など独自のサービスが魅力
  • BIGLOBEモバイル:エンタメフリーオプションで動画見放題
さらに詳しい情報を知りたいなら、各社のリンクをタップしてね。

iPhone 6sの購入はUQモバイルとY!mobileの2強なのですが、次点を上げるならBIGLOBEモバイルです。BIGLOBEモバイルはエンタメフリーオプションがとにかく強烈。他社にはない、動画アプリ見放題サービスを月額480円のオプション料金で使い放題です。

YoutubeやAbemaTVを、データ消費を気にせず楽しめます。iPhone 6sの端末代金は高いのですが、エンタメフリーオプションでデータ消費を節約できるので、動画中毒な方は最終的にお得です。

mineoはiPhone 6sの購入が目的なら決め手に欠ける印象。mineoユーザー同士の結びつきが強く、ユニークなサービスが魅力なので、端末代金より楽しく格安SIMを使いたい人に向いています。

BIGLOBEモバイルとmineoにピンと来ない場合は、素直に端末代金の安いY!mobileかUQモバイルで契約しましょう。なお、テザリングに関しては上記に挙げた全社で可能となっています。

2.格安SIMならiPhone 7も意外に安く購入できる

iPhone 6sって安いけど、ちょっと古いですよね?
そうね、2015年発売だから、結構前の機種になるわね。日常使いにはまったく問題ないけど、心配ならiPhone 7の購入を検討するといいわ。

2015年発売のiPhone 6sはやや古い印象です。実際、スペックも近年のiPhoneと比べて大幅に劣ります。ちょうど、iPhone 7から防水性能をはじめ、各機能が強化されたので、iPhone 6sはお買い得だけど、若干の使いにくさは残ります。

今後リリースされる最新アプリに付いていけるか、分からない状況です。もし、iPhone 6sの購入が心配なら、iPhone 7を検討してみましょう。2018年末頃から、格安SIMでもiPhone 7の取扱を開始。大手キャリアより、圧倒的な安さで購入できます。

毎月の利用料金も含めれば、iPhone 6s同様その差は大きいです。価格の目安は月額1400〜1500円。プラン価格を含めると、月額3500円くらいで維持できます。思っているより安いかと思います。

詳しくは以下の記事に最新情報をまとめているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

iPhone 7の価格情報も見てみる↓

格安sim iPhone7
一番お得なのは?iPhone 7を安く買うなら格安SIMこの記事では、iPhone 7を購入できる格安SIMを比較。どこが一番安いのか最新情報を記載しています。また、値下げの激しい大手キャリアとの料金比較も。iPhone 7を安く買いたいなら参考にしてください。...

3.【まとめ】iPhone 6sを格安SIMで安く購入・運用しよう

ひと世代前で大幅値下がりしているiPhone 6s。格安SIMで購入すれば、端末代金だけでなく毎月のプラン価格も値下がりします。新型iPhoneではなく、あえてiPhone 6sを狙うのは非常に賢い選択です。

やや古い機種のiPhone 6sですが、普通に利用する分にはまったく問題なし。カメラも綺麗に写りますよ。この記事を参考に、iPhone 6sを激安購入してくださいね。

在庫限り!iPhone 6sが540円に↓

Y!mobileの公式サイトへ

Y!mobileの次に安いのはここ↓

UQモバイルの公式サイトへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。