LINEモバイルはデビットカードが使えないけど◯◯で代用可

lineモバイル デビットカード

LINEモバイルでクレジットカードの代わりにデビットカードを使いたいという人は多いのではないでしょうか。しかし、残念ながらLINEモバイルではデビットカードは使えません。

その代わり、LINEモバイルでは「LINE Payカード」による支払いが可能です。LINE Payカードは審査不要で誰でも持つことができるので、クレジットカードを持っていない人でも安心です。

今回はLINEモバイルでデビットカードが使えるのかどうかや、使えない場合の対処方法について解説します。

1.LINEモバイルではデビットカードが使えない

いきなりだけど、デビットカードは使えないわよ。
ええ~じゃあクレジットカードを持っていない僕は、どうすればいいんですか?

代替案があるわ。

LINEモバイルでデビットカードが使えるかどうかですが、結論から言うとデビットカードは使えません。

ただし、クレジットカードの代わりに「LINE Payカード」を使って契約することができます。LINE Pay カードを使えば、クレジットカードを持てない人でもLINEモバイルを契約できますよ。

1-1.LINEモバイルの支払い方法は3つ

LINEモバイルで利用できる支払い方法は以下の3つです。

  • クレジットカード
  • LINE Pay(要クレジットカード)
  • LINE Pay カード

※すべての料金プランで共通

デビットカードや口座振替といった方法には残念ながら対応していません。VプリカのようなVisaプリペイドカードも利用不可です。他の格安SIM同様、原則としてクレジットカードが必要になります。

ただし、他の格安SIMとは違い「LINE Pay」と「LINE Pay カード」という独自の支払い方法に対応しています。とくに「LINE Pay カード」はクレジットカードなしでLINEモバイルを利用できる唯一の方法です。

LINEモバイルで利用できる3つの支払い方法

1-2.クレカ無しでもLINE Payカードなら契約可能

LINE PayカードはLINEが手掛けるプリペイドカードです。審査不要で誰でも簡単に作れるのが特徴で、未成年でも気軽に持つことができます。LINEモバイルはクレジットカードの代わりにこのLINE Pay カードで契約することが可能です。

つまり、クレジットカードを作れない人でも無料でLINE Payカードを作れば、LINEモバイルを利用することができます。しかもLINE Payカードで支払うと、利用料金に対してLINEポイントも貯まります。

さらにポイントも貯まる

ポイント還元率はマイカラーというランクによって決まっており、グリーンランク(前月の利用料が100,000円以上)なら2%もの還元を受けられます。ちなみに「LINE Pay」はLINEが提供するスマホ決済サービスのことです。LINE PayカードもこのLINE Payの仕組みを利用しています。

LINE Pay単体でもLINEモバイルの支払いができますが、その場合はクレジットカードが必須です。

1-3.オートチャージで口座振替払にできる

LINE Payカード?あんまり難しいことはしたくありません。単純にクレカなしで支払いたいです。

LINE Payカードは簡単に口座振替払いにできるのよ。

LINE Payカードを使う際に決済方法をオートチャージにすると、あたかも口座振替のように料金を支払うことが可能です。オートチャージはLINE Payの残高が設定した金額を下回ると、自動でチャージしてくれるサービスです。

銀行口座から自動で料金がチャージされるため(自動引き落とし)、口座振替のように使えます。残高不足にならないように確認をしないといけないというプリペイドカードの弱点を解決してくれるわけですね。

LINEモバイルの料金をLINE Payカードで支払うなら、オートチャージを利用するのがおすすめです。

1-4.LINE Payカードを使用する際の注意点

審査不要で発行でき、ポイントも貯まるLINE Payカードですが、いくつか注意点もあります。

  • カードの発行に時間がかかる
  • 端末代金の分割払い不可
  • 残高不足だと請求できない

LINE Payカードは発行するのに時間がかかります。以前はコンビニでカードを購入できましたが、現在はLINEアプリから申し込み、郵送されるのを待たないといけません。

ただし、最近ではLINE Payを申し込んですぐに「バーチャルカード」が発行されるようになりました。このバーチャルカードを利用すれば、LINEモバイルの利用自体はすぐに可能です(バーチャルカードの発行方法は次章にて)。

LINEモバイルで端末セットを購入する場合、分割払いができるのはクレジットカードのみです。LINE Payカードでは分割払いができません。

また、LINE Payカードは事前にチャージした分だけ使えるプリペイドカードです。残高が不足すると料金を支払うことができません。支払不能が続くと利用停止となります。オートチャージを活用し、支払い忘れがないようにしましょう。

2.デビットカード代わりに!LINE Payカードを使おう

LINE Payカードって、どうやって作ればいいんですか?

作成手順を説明するわ。

LINE Payカードの作成

  1. LINEアプリを起動する
  2. 「ウォレット」→「LINE Payをはじめる」をタップ
  3. 利用規約を読んで「新規登録」をタップ
  4. 「バーチャルカードをすぐに発行」をタップ

銀行口座の登録

  1. LINE Payトップの「銀行口座」をタップ
  2. 登録したい銀行を選択
  3. 個人情報を入力
  4. 銀行情報を入力

オートチャージ(口座振替)の設定

  1. LINE Payトップの「設定」をタップ
  2. 「オートチャージ」をタップ
  3. 「オートチャージ」をON(緑色)にする
  4. 「オートチャージでチャージする額」を変更

LINE Pay カードで口座振替払いにする方法は、こちらのページで分かりやすく図解で説明しています↓

【クレカなしOK】LINEモバイルでLINE Payカードを口座振替払いにする手順

3.まとめ

LINEモバイルは残念ながらデビットカードによる申し込みはできません。しかし、代わりにLINEのプリペイドカードである「LINE Payカード」による申し込みが可能です。

LINE Payカードは審査不要なので、クレジットカードを持てない人でも気軽に作成できます。オートチャージを利用すれば残高不足を防げますし、口座振替のように料金を支払うことも可能です。

以前はカードの発行に時間がかかっていましたが、最近では「バーチャルカード」も利用できるので、すぐにLINEモバイルの支払い用に設定することができます。

クレカ無しで即日契約できる↓

>>LINEモバイルの公式サイトへ

※どうしてもデビットカードで支払いたい場合

格安SIMでデビットカードに公式対応しているのは楽天モバイルのみです。デビットカード払いを希望するなら、楽天モバイルで契約しましょう。

>>楽天モバイルの評判・通信速度のレビューへ

格安SIMのキャンペーン情報まとめ(2019年8月11日更新)

1.かなりお得

  • 楽天モバイル:最新14機種が大幅値引き(9/12まで)
  • Y!mobile:最大15555円のTポイントが貰える&SIM単体契約で最大14400円割引(終了未定)
  • UQモバイル:現金13000円のキャッシュバック&初期費用0円(終了未定)

2.まあまあお得

  • IIJmio:端末の大幅割引&ギフト券(9/30まで)
  • BIGLOBEモバイル:iPhone含む端末の大幅割引&SIM契約は6ヶ月1200円割引(9/1まで)
  • LINEモバイル:月額料金が3ヶ月1390円割引に(終了未定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。