UQ mobile(UQモバイル)

iPhoneも適用!UQモバイルのマンスリー割とは?

UQモバイル マンスリー割

UQモバイルの「マンスリー割」は端末の実質負担額が大幅に安くなる仕組みです。端末とプランの組み合わせによっては実質100円(税込108円)という破格の安さで端末を購入できます。

非常にお得なマンスリー割ですが、

  • 適用されるプランが決まっている
  • 途中で解約すると無効になる

など注意点もいくつかあります。そこで今回はマンスリー割の詳しい内容や注意点について解説します。なお、本記事に出てくる金額は特別な記載のある場合を除いてすべて「税抜き」です。

1.UQモバイルのマンスリー割とは?

マンスリー割は端末代の実質負担額が大幅に割引されるサービスです。やや複雑なので、イマイチどういった内容なのかわかっていない人も多いでしょう。まずはマンスリー割の内容や適用条件を見ていきます。

1-1.月額料金が24ヶ月割引

マンスリー割は対象のプランと端末をセットで購入すると、月額料金が24ヶ月に渡って割引されるサービスです。割引額は機種によって異なります。例えばHUAWEI P20 liteの分割代金とマンスリー割の割引額は以下の通りです。

HUAWEI P20 liteのマンスリー割

プラン分割代金マンスリー割実質負担額
おしゃべり/
ぴったりプランS
1,200円/月
(初回1,300円)
700円/月500円/月
(初回600円)
おしゃべり/
ぴったりプランM
おしゃべり/
ぴったりプランL

P20 liteの分割代金は1,200円/月です。しかし、マンスリー割で毎月700円の割引を受けられるので、実質負担額は500円/月になります。このように、マンスリー割では月額料金が割引になるので端末の実質負担額が安くなるだけであり、端末代自体が安くなるわけではありません。

端末によっては「100円で購入できる」と宣伝されている機種があります。しかし、あくまでも実質100円(税込108円)であり、一括100円で購入できるわけではありません。

もう1つ、例としてHUAWEI nova 2の分割代金とマンスリー割の割引額を見てみましょう。

HUAWEI nova 2のマンスリー割

プラン分割代金マンスリー割実質負担額
おしゃべり/
ぴったりプランS
1,200円/月
(初回1,300円)
1,200円/月0円
(初回100円)
おしゃべり/
ぴったりプランM
おしゃべり/
ぴったりプランL

HUAWEI nova 2の場合だと、マンスリー割によって分割代金と同じ額だけ月額料金が割引されます。そのため、初回のみ100円の分割代がかかり、それ以降は0円です。端末代は毎月かかるものの、それと同じ額だけ割引されるので「実質100円で購入できる」というわけです。

1-2.おしゃべり・ぴったりプランで適用される

マンスリー割は「おしゃべりプラン」および「ぴったりプラン」と端末をセット契約した場合に適用されます。おしゃべりプランとぴったりプランは音声通話SIMと通話オプションがセットになったプランです。

おしゃべりプランでは5分かけ放題、ぴったりプランは毎月最大180分までの無料通話が利用できます。

おしゃべりプラン/ぴったりプランはそれぞれ、

  • プランS(2GB)
  • プランM(6GB)
  • プランL(14GB)

の3種類の容量が用意されています。どのプランでもマンスリー割は適用されますが、端末によってはプランSよりもプランM/Lのほうがマンスリー割による割引額が多いことがあります。例えばDIGNO Aのケースを見てみましょう。

DIGNO Aのマンスリー割

プラン分割代金マンスリー割実質負担額
おしゃべり/
ぴったりプランS
1,200円/月
(初回1,300円)
900円/月300円/月
(初回400円)
おしゃべり/
ぴったりプランM
1,200円/月0円/月
(初回100円)
おしゃべり/
ぴったりプランL

DIGNOAの分割代金は1,200円/月です。プランM/Lの場合はマンスリー割による割引額も1,200円なので、実質100円で購入できますね。一方、プランSはマンスリー割による割引が900円と少ないので、実質負担額は7,300円です。

このように、プランSはプランM/Lより端末代が高いことがあるので気を付けましょう。ちなみにUQモバイルには「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」もありますが、これらはマンスリー割の対象外です。

マンスリー割を利用する場合は、必ずおしゃべりプランかぴったりプランとセットで契約しましょう。

uqモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプラン
UQモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプランの内容と注意点UQモバイルのメインプランとも言えるのが「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」です。UQモバイルを契約する人の多くがこの2つのどちらか...

1-3.iPhoneもマンスリー割の対象

UQモバイルではAndroidだけでなくiPhoneも取り扱っています。iPhoneもマンスリー割の対象になっているので、おしゃべりプラン/ぴったりプランとセット契約することで比較的安くiPhoneを購入可能です。

端末ごとに割引前の分割代金と割引額、割引後の実質負担額、そしてプラン料金と合算した毎月の支払額を算出してみました。なお、毎月の支払額は12ヶ月間に渡って月額料金が1,000円割引されるイチキュッパ割が適用されている場合の料金です。

iPhone 6s(32GB)のマンスリー割

プラン分割代金マンスリー割実質負担額毎月の支払額
プランS2,300円/月
(初回2,400円)
1,300円/月1,000円
(初回1,100円)
2,980円
(初回3,080円)
プランM1,800円/月500円/月
(初回600円)
3,480円
(初回3,580円)
プランL5,480円
(初回5,580円)

iPhone 6s(128GB)のマンスリー割

プラン分割代金マンスリー割実質負担額毎月の支払額
プランS2,800円/月
(初回2,900円)
1,300円/月1,500円
(初回1,600円)
3,480円
(初回3,580円)
プランM1,800円/月1,000円/月
(初回1,100円)
3,980円
(初回4,080円)
プランL5,980円
(初回6,080円)

iPhone 7(32GB)のマンスリー割

プラン分割代金マンスリー割実質負担額毎月の支払額
プランS2,600円/月
(初回3,100円)
800円/月1,800円
(初回2,300円)
3,780円
(初回4,280円)
プランM1,300円/月1,300円/月
(初回1,800円)
4,280円
(初回4,780円)
プランL6,280円
(初回6,780円)

iPhone 7(128GB)のマンスリー割

プラン分割代金マンスリー割実質負担額毎月の支払額
プランS3,100円/月
(初回3,600円)
800円/月2,300円
(初回2,800円)
4,280円
(初回4,780円)
プランM1,300円/月1,800円/月
(初回2,300円)
4,780円
(初回5,280円)
プランL6,780円
(初回7,280円)

いずれもマンスリー割が適用されることで実質負担額が大幅に安くなりますね。なお、UQモバイルでは以前までiPhone SEも取り扱っていましたが、現在はオンラインストアでの取り扱いが終了しました。

店舗では取り扱っているところもあるかもしれないので、iPhone SEを購入したい人は近くのUQショップを除いてみましょう。

1-4.機種変更しても再適用

マンスリー割は新規契約(MNP含む)だけでなく、機種変更でも適用されます。適用条件や割引額などは新規契約の場合と全く同じです。おしゃべりプラン/ぴったりプランを契約している状態で新しい機種に変更すれば、自動的にマンスリー割が適用されます。

現在「データ高速プラン」または「データ無制限プラン」の音声通話SIMを利用している場合も、機種変更と同時におしゃべりプラン/ぴったりプランに乗り換えればマンスリー割が適用されます。

1-5.他の割引・キャンペーン・キャッシュバックと併用可能

マンスリー割はUQモバイルが実施している以下の割引やキャンペーンと併用することができます。

  • スマトク割/長期利用割引(月額料金が1,000円割引)
  • イチキュッパ割(月額料金が13ヶ月間1,000円割引)
  • データ特盛キャンペーン(増量オプションの月額料金が2年間無料)
  • キャッシュバック(最大13,000円)

月額料金割引と増量オプションの無料化、そして最大13,000円の高額キャッシュバックが受けられ、その上で端末の実質負担額が安くなるわけです。とてもお得なので、マンスリー割を利用してUQモバイルを申し込む場合は他の割引やキャンペーンも併用するようにしましょう。

UQモバイルのキャンペーン
【2019年3月】UQモバイルのキャンペーン・キャッシュバック速報キャンペーンを利用してUQモバイルに乗り換えたい! UQモバイルが気になっている、あるいは乗り換えを決めたけど、どうせならお得なキ...

2.UQモバイルのマンスリー割で注意すること

端末の実質負担額が大幅に安くなるマンスリー割ですが、

  • 解約すると残債を請求される
  • 契約は2年縛りがある

の2点に注意してください。

2-1.解約すると残債を請求

UQモバイルでは端末の分割支払いが残っている状態で解約すると、解約後に残債を請求されます。しかもマンスリー割適用中に解約すると、前月利用分でマンスリー割による割引は終了し、残りの端末代をすべて負担しないといけません。

実質100円の端末であっても、途中で解約するとマンスリー割が終了して残りの端末代を負担する必要があります。解約だけでなく、機種変更をした場合も同様です。新しい端末についてはマンスリー割が適用されますが、古い機種はマンスリー割が終了するので、残債をすべて負担する必要があります。

マンスリー割が適用されている途中での解約や機種変更は気を付けましょう。ちなみに分割で端末を購入していた場合は解約後も分割払いをつづけるか、一括で精算するかを選ぶことができます。

2-2.契約は2年縛りになる

マンスリー割はおしゃべりプラン/ぴったりプランとセットで端末を契約した場合のみ適用されます。言い換えれば、マンスリー割を利用するためには必ず2年縛りのある契約をしないといけません。

2年に一度の更新月以外で解約すると9,800円の違約金がかかりますし、解約しない場合はさらに2年間の契約が自動更新されます。また、契約から2年以内に解約する場合はおしゃべりプラン/ぴったりプランの違約金に加えて端末代の残債もかかるため、負担が大きくなります。

UQモバイルでマンスリー割を利用する場合はなるべく2年間は利用するようにしましょう。

3.まとめ

以上、UQモバイルのマンスリー割について解説しました。

マンスリー割を利用すれば端末代が大幅に安くなり、場合によっては実質108円という破格の安さで購入できます。UQモバイルへの乗り換えと同時に端末も新しくしたい場合はマンスリー割を積極的に使いたいですね。

ただし、あくまでも実質価格が安くなるだけであり、端末代が一括で割引されるわけではありません。途中で解約するとマンスリー割がなくなり、残りの端末代をすべて負担しないといけなくなります。

さらにマンスリー割はおしゃべりプラン/ぴったりプランとセットとのセットでのみ適用されるので、実質2年縛りがあります。マンスリー割を利用してUQモバイルを契約する場合は、最低でも2年間は使うようにしましょう。

13000円CBがもらえる
さて、あとは契約するだけか。
待って、キャンペーン情報があるわ。
UQモバイルのキャッシュバック

公式サイトには書かれていない限定ページからUQモバイルに申し込むと最大13000円キャッシュバック。さらに、初期費用の3800円も無料となるので、合計16800円が還元されます。

SIMカード単体契約もキャッシュバック対象に。

※iPhoneは対象外です

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。