UQモバイルの月額料金は2年後(3年目)からどうなる?

UQモバイル 2年後

UQモバイルのメインプランである「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」は音声通話SIMと通話オプションがセットになったお得なプランです。しかし、契約期間によって月額料金や利用できるデータ容量が変化するなど、内容は複雑で分かりにくいです。

とくに2年目以降は月額料金が高くなりますし、3年目以降はさらに月額料金が高くなるか、データ容量が少なくなります。1年目と比べると2年目および3年目以降はお得度が下がります。そのため、UQモバイルを利用して2年経ったら乗り換えるべきか、それとも継続すべきなのか迷っている人も多いでしょう。

今回はUQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランの月額料金とデータ容量の変化について詳しく解説し、3年目以降もUQモバイルをお得に使うための方法を紹介します。

限定キャッシュバック

1.UQモバイルの料金プランは2年後からどうなる?

UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランは契約期間に応じて月額料金とデータ容量が変化します。まずは具体的にどのように変化するのかを詳しく見ていきましょう。

1-1.月額基本料金の変化

おしゃべりプラン・ぴったりプランは契約してから1年後、つまり2年目以降から月額料金が以下のように変化します。

  1年目 2年目以降
プランS 1,980円 2,980円
プランM 2,980円 3,980円
プランL 4,980円 5,980円

おしゃべりプラン・ぴったりプランでは契約してから1年間「イチキュッパ割」という割引が適用され、月額料金が1,000円割引されます。2年目以降はイチキュッパ割がなくなるため、月額料金が+1,000円されて元に戻ります。それ以降は2年目も3年目も、それ以降も月額料金は変わりません。

スマトク割・長期利用割引について

実は契約してから2年間は「スマトク割」という割引でイチキュッパ割とは別に月額料金が1,000円割引されています。3年目以降はスマトク割の代わりに「長期利用割引」が適用され、同じように1,000円の割引を受けられます。したがって、おしゃべりプラン・ぴったりプランの月額料金は2年目以降はずっと一定のままです。

1-2.基本データ容量は変わらないが増量オプションが有料に

以前までおしゃべりプラン・ぴったりプランは3年目になるとデータ容量が半分になっていました。しかし、2018年12月からはプランごとの容量が変更され、3年目以降も基本データ容量が減らなくなりました。

プラン 基本データ容量
(2018円11月まで)
基本データ容量
(2018年12月以降)
プランS 1GB 2GB
プランM 3GB 6GB
プランL 7GB 14GB

2018年11月まではプランSが1GB、プランMが3GB、プランLが7GBでした。契約から2年間はそれが2倍になるデータ増量キャンペーンを行っており、3年目になるとそれが切れるため「3年目以降データ量が半分になる」と言われていました。2018年12月以降は基本データ容量が2倍になり、契約期間が経っても減ることはなくなりました。

では、おしゃべりプラン・ぴったりプランはもう容量気にせず使えるのか、と言うとそうではありません。代わりに「増量オプション」を利用して容量を増やせるようになりましたが、またしても内容が複雑です。

1-3.増量オプションとは?

増量オプションとはその名の通りデータ容量が増えるオプションのことです。増量オプションを利用することで、以下のようにデータ容量が増えます。

プラン 基本データ容量 増量オプション
適用後
プランS 2GB 3GB
プランM 6GB 9GB
プランL 14GB 21GB

この増量オプションは本来月額500円で利用できるのですが、契約してから2年間は無料です。契約する際には自動的に増量オプションを利用するようになっているため、おしゃべりプラン・ぴったりプランは実質3GB/9GB/21GBの3種類である、と言えます。

しかし、3年目には増量オプション無料のキャンペーンがなくなるため、月額料金が500円高くなります。もともと2年目以降は月額料金が高くなるため、これ以上月額料金を増やしたくない場合は増量オプションを外さないといけません。

その結果「3年目以降は利用できるデータ容量が少なくなる」と感じてしまう人が多いです。あくまでも基本データ容量は1年目も3年目も変わりませんが、増量オプションが有料になることを覚えておきましょう。

1-4.無料通話の増量も有料に

毎月決まった時間まで無料通話ができる「ぴったりプラン」では、増量オプションが適用されることで無料通話の時間も2倍に伸びます。

ぴったりプラン 無料通話 無料通話
(増量オプション適用)
プランS 30分/月 60分/月
プランM 60分/月 120分/月
プランL 90分/月 180分/月

そのため、3年目以降も無料通話の時間も2倍のままにしたい場合は増量オプションを有料で利用する必要があります。増量オプションを有効にしたままだと月額料金が高くなるのでお得度が下がりますが、外したらデータ容量が減って無料通話時間も半分になるので、こちらもあまりお得とは言えません。

高額CB限定ページ

UQモバイルの申し込みへ

2.3年目からの増量オプション有料化に対処する方法

UQモバイルは2年目以降になると月額料金が高くなるのに、3年目以降に増量オプションを使う場合はさらに500円高くなります。だから言って増量オプションを外せばデータ容量が少なくなるので、どちらにせよお得度が下がります。3年目以降もUQモバイルをお得に利用する場合は、何かしら工夫をしないといけません。

ここからは3年目以降もUQモバイルをお得に使うための対処法を見ていきましょう。

(1)ファミゼロ学割で新規契約する

これからUQモバイルを契約する場合は「ファミゼロ学割」を利用するのがおすすめです。ファミゼロ学割はUQモバイルが2018年12月から実施している学割サービスです。ファミゼロ学割が適用されると月額料金が最大5ヶ月無料になる他、機種変更をするまで増量オプションがずっと無料になります。

ここで言う「機種変更」とはUQモバイルで機種変更の手続きをすることです。自分でSIMフリースマホを購入して乗り換えるようにすれば、新しい機種を使えますし増量オプションも無料です。

注意点としては、ファミゼロ学割は「学割」なので基本的には18歳以下の人しか利用できません。「家族割」を利用すればその家族にも適用されますが、ファミゼロ学割が適用される人と家族割を組む必要があるため、独身や子供がいない夫婦の場合は利用できません。

※ファミゼロ学割は2019年5月31日まで

(2)新しい端末に機種変更する

すでにUQモバイルを契約している場合は新しい端末に機種変更するのも1つの手です。UQモバイルで機種変更を行うと、増量オプションの無料期間がさらに2年間延長されます。つまり、2年ごとにUQモバイルで新しい端末を購入すれば、増量オプションがずっと無料になるわけです。

UQモバイルで端末を購入する際は端末代が安くなる「マンスリー割」が利用できますが、マンスリー割は機種変更の際にも同様に適用されます。定期的に新しい端末に乗り換えるという人はUQモバイルで機種変更をすれば増量オプションが無料になり、端末代も安くなるのでおすすめです。ただし機種変更では「イチキュッパ割」は適用されないので気を付けましょう。

(3)解約した後、新規で再契約する

UQモバイルのSIMカードだけを利用したいという場合は増量オプションの無料期間を延ばす方法はありません。どうしても増量オプションを無料で使いたい場合は一度解約してから、再度UQモバイルを契約すると良いでしょう。

増量オプションが切れるタイミングはちょうど2年縛りの更新月に当たるので、違約金なしで解約ができます。解約した後、再度新規契約をすれば増量オプションを2年間無料で利用可能です。注意点としては同じキャリア同士でMNPはできないため、電話番号が変わってしまいます。また、解約手続きと契約手続きをもう一度行わないといけないので手間がかかります。

(4)更新月に他社へ乗り換える

UQモバイルを2年間利用したら、思い切って他社に乗り換えるというのも手です。3年目以降は月額料金が高いですし、増量オプションを使わないならデータ容量も多くないので、UQモバイルをそのまま使うのはあまりお得ではありません。なので、他社の同様プランに乗り換えたほうがお得でしょう。

格安SIMはたくさんありますが、その中でも楽天モバイルとY!mobileは料金プランが良く似ています。楽天モバイルにはおしゃべりプラン/ぴったりプランによく似た「スーパーホーダイ」があります。

おすすめの乗り換え先1 楽天モバイル

楽天モバイル(スーパーホーダイ)

プラン データ容量 月額料金
プランS 2GB 2,980円
プランM 6GB 3,980円
プランL 14GB 5,980円
プランLL 24GB 6,980円

プランS~Lに関してはデータ容量も月額料金もUQモバイルのおしゃべりプラン/ぴったりプランと全く同じです。しかし、スーパーホーダイでは楽天会員なら2年間月額料金が500円割引されます。さらに、通常1年間の最低利用期間を延ばすことで月額料金が割引される「長期割」が利用可能です。

最低利用期間を2年にすれば500円、3年にすると1,000円の割引を2年間受けられます。加えて月額料金に応じて楽天スーパーポイントが毎月貯まりますし、貯まったポイントで料金を支払うことも可能です。普段から楽天のサービスをよく使う人には楽天モバイルが向いています。

楽天モバイルの評判・通信速度はこちら

おすすめの乗り換え先2 Y!mobile

Y!mobileはUQモバイルと同じく大手キャリアのサブブランドということで、料金プランや月額料金も全く同じです。

Y!mobile(スマホプラン)

プラン データ容量 月額料金
スマホプランS 2GB 2,980円
スマホプランM 6GB 3,980円
スマホプランL 14GB 5,980円

UQモバイルと同じく、最初の1年だけ月額料金が1,000円割引されます。さらに2年間はデータ容量が増える「データ増量オプション」が無料で使える点も、増量後の容量もUQモバイルと全く同じです。

プラン データ容量
(データ増量オプション適用後)
月額料金
(契約してから1年間)
スマホプランS 3GB 1,980円
スマホプランM 9GB 2,980円
スマホプランL 21GB 4,980円

かけ放題が10分かけ放題しかないこと以外は使い勝手がほとんど同じなので、UQモバイルと変わらない使い勝手を維持したい人はY!mobileがおすすめです。

Y!mobileの評判・通信速度はこちら

3.まとめ

以上、UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランの2年後の料金やデータ容量について解説しました。基本データ容量が増加したことで以前よりは分かりやすくなりました。しかし、1年後からは月額料金が1,000円プラス、2年後からは増量オプションが有料になるなど、依然として他の格安SIMと比べると複雑です。

おしゃべりプラン・ぴったりプランを利用する際は契約時の月額料金だけでなく、2年後・3年後の月額料金についても考えるようにしましょう。3年目以降は月額料金が高くなるので、ある程度工夫をしないと割高になります。こだわりがないなら、これを機に楽天モバイルやY!mobileなどに乗り換えても良いでしょう。

TOPIC
公式サイトには表示されない特設ページからUQモバイルに申し込むと現金キャッシュバックが貰えます(SIM単体契約も可)。 ※店頭契約は対象外  
  • プランS:5000円キャッシュバック
  • プランM/L:5000円キャッシュバック+初期費用0円
 

CHECK!

限定キャッシュバックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。