UQモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプランの内容と注意点

uqモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプラン

UQモバイルのメインプランとも言えるのが「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」です。UQモバイルを契約する人の多くがこの2つのどちらかを契約していますが、

  • 2年縛りがある
  • 契約期間によって月額料金/データ容量が変動する

など、他社と比べると内容がかなり複雑です。しっかり理解したうえで契約しないと、あとから後悔することになりかねません。そこで今回はおしゃべりプラン・ぴったりプランの内容や違い、デメリットなどを詳しくまとめました。

1.UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランとは?

おしゃべりプランとぴったりプランはどちらも音声通話SIMと通話オプションがセットになったプランです。標準で通話オプションが使えるのでお得ではありますが、プラン体系が複雑で分かりにくいです。まずはおしゃべりプラン・ぴったりプランの内容について詳しく説明しますね。

1-1.プランS/M/Lから選べる

おしゃべりプランとぴったりプランはどちらも容量ごとに「プランS/M/L」の3つに分かれています。それぞれのプランで利用できるデータ容量と月額料金は以下の通りです。

プランS プランM プランL
月額料金 1980円 2980円 4980円
データ容量 3GB 9GB 21GB
データ容量
(増量オプションなし)
2GB 6GB 14GB
通話 おしゃべり
プラン
5分かけ放題
ぴったり
プラン
60分無料 120分無料 180分無料

最初の2年間は増量オプションが無料なので、データ容量は3/9/21GBから選択できます。2年後は、月額500円で増量オプションを利用可能。機種変更すれば、増量オプションは無料となります。

プランLは最大21GBと、かなりの大容量が使えるのが魅力。プランMも2980円で9GB使えるのでお得です。

UQ家族割が利用できる

おしゃべりプラン・ぴったりプランでは「UQ家族割」を利用することができます。UQ家族割が適用されると、2回線目以降の月額料金がずっと500円割引されます。例えば父親がメイン回線となり、母親と子供がUQ家族割を利用してプランSを契約した場合、母親と子供は500円割引の月額1,480円で利用可能です。

格安SIMで家族割があるのは非常に珍しく、家族でお得に格安SIMを利用したい人におすすめです。

1-2.プラン変更は自由

おしゃべりプラン・ぴったりプランでは契約後に自由にプランを変更することができます。例えば最初はプランLで契約したが、データ容量が余るのでプランMに下げる、といったことが可能です。プラン変更は会員向けページ「my UQ mobile」から申し込めます。手続き可能時間は9:30~20:30です。月末までに申し込むことで、翌月からプラン変更が適用されます。

ただし、おしゃべりプラン・ぴったりプランから通話オプションがついていない「データ高速+音声通話プラン」および「データ無制限+音声通話プラン」へ変更することはできません。あくまでも、おしゃべりプラン・ぴったりプラン間での変更のみ可能です。

参考:UQモバイルのプラン変更ルール

1-3.おしゃべりプランとぴったりプランの違い

おしゃべりプランとぴったりプランはデータ容量や月額料金など、基本的な部分は全く同じです。唯一異なるのが、無料で付属してくる通話オプションの内容です。

  • おしゃべりプラン → 5分かけ放題
  • ぴったりプラン → 60~180分の無料通話

おしゃべりプランはプランS/M/Lのすべてで共通して5分かけ放題が利用できます。1回5分までの通話が何度でも無料で利用できるので、短い通話をたくさん利用する人におすすめです。

一方、ぴったりプランでは毎月決まった時間まで通話が無料になる通話定額が利用できます。無料になる時間はプランによって以下のように決まっています。

プラン 無料通話の時間 無料通話の時間
(増量オプション適用後)
ぴったりプランS 30分/月 60分/月
ぴったりプランM 60分/月 120分/月
ぴったりプランL 90分/月 180分/月

データ容量が増える増量オプションが適用されると、ぴったりプランの無料通話時間も2倍になります。ぴったりプランは1ヶ月の「通話時間」がある程度決まっている人に向いています。なお、おしゃべりプランの5分かけ放題も、ぴったりプランの無料通話も通常の電話アプリから電話をかければ適用されます。

他の格安SIMのかけ放題オプションのように専用の通話アプリを使わなくて済むので楽ですね。ただし、おしゃべりプランで5分以上の通話をする、またはぴったりプランで毎月の無料通話時間を過ぎると、通常通り20円/30秒の通話料がかかるので気を付けましょう。

1-4.最低通信速度は300kbps

おしゃべりプラン・ぴったりプランは低速通信時の最大速度が300kbpsという特徴もあります。一般的な格安SIMの低速通信時の最大速度は200kbpsです。UQモバイルもおしゃべりプラン・ぴったりプラン以外のプランでは200kbpsになっています。

単純計算すれば、おしゃべりプラン・ぴったりプランの低速通信は他社の低速通信よりも1.5倍速いです。しかも最初の読み込みだけ高速通信が使える「バースト転送」も利用可能です。

そのため、おしゃべりプラン・ぴったりプランは低速モードでもSNSやブラウジング、音楽ストリーミングであれば快適に利用できます。普段は低速にしておき、いざという時だけ高速にすることでデータ容量を賢く節約可能です。

1-5.2年縛りだけど端末代金が安い

おしゃべりプラン・ぴったりプランは2年縛りなのがデメリットですが、代わりに端末代が安くなるのがメリットです。UQモバイルで取り扱っている端末をおしゃべりプラン・ぴったりプランとセットで契約すると「マンスリー割」が適用され、24ヶ月に渡って月額料金が割引されます。

割引額は端末にもよりますが、中にはマンスリー割によって実質108円という破格の安さで購入できる端末もあります。おしゃべりプラン・ぴったりプランは端末を安く購入したい人にもおすすめです。

Sプランは値引き額が小さいので注意

マンスリー割による値引き額はプランによって異なる場合があります。とくにプランSは端末によってはプランM/Lと比べて値引き額が小さいことが多いです。例えば「DIGNO A」のマンスリー割による割引額は、

  • プランS:972円(税込)
  • プランM/L:1,296円(税込)

となっており、プランM/Lより割引額が300円ほど安いです。マンスリー割を利用して端末を購入する場合は、自分が契約予定のプランでの割引額がいくらになるかをしっかり確認しましょう。

2.おしゃべりプラン・ぴったりプランの注意点

通話オプション込み、低速通信が他社より速い、端末が安く買えるなど、たくさんのメリットがあるおしゃべりプラン・ぴったりプランですが、注意点もいくつかあります。契約してから後悔しないためにも、事前に注意点にも目を通しておきましょう。

2-1.2年目および3年目からプラン内容が変わる

おしゃべりプラン・ぴったりプランは契約から2年目および3年目になるとプラン内容が変わります。具体的には、2年目以降は月額料金の割引がなくなり、3年目以降はデータ容量が少なくなります。

2年目以降は月額料金の割引がなくなる

2年目以降になると、月額料金の割引がなくなります。言い換えると、2年目以降は月額料金が高くなります。改めて、おしゃべりプラン・ぴったりプランの月額料金を見てみましょう。

プラン 月額料金
プランS 1,980円
プランM 2,980円
プランL 4,980円

実はこの月額料金は「イチキュッパ割」という割引が適用されている場合の料金です。おしゃべりプラン・ぴったりプランを契約してから1年間はイチキュッパ割によって月額料金が1,000円割引されますが、2年目以降はイチキュッパ割が切れるため、月額料金は以下のように+1,000円されます。

プラン 月額料金
(2年目以降)
プランS 2,980円
プランM 3,980円
プランL 5,980円

あくまでも値上がりではなく割引がなくなるだけなのですが、感覚的には月額料金が2年目以降から高くなったと感じてしまいますね。ちなみに2年経過すると「スマトク割」という割引も切れますが、代わりに「長期利用割引」という割引が適用されるので、3年目以降の月額料金は変わりません。

3年目以降はデータ容量が1/3減る

さらに、おしゃべりプラン・ぴったりプランでは3年目以降になるとデータ容量が1/3減ってしまいます。厳密に言うと、増量オプションの無料キャンペーンがなくなります。実は、おしゃべりプラン・ぴったりプランの契約と同時に増量オプションを利用すると、増量オプションの月額料金500円が2年間は無料です。

しかし、3年目以降になると増量オプション無料キャンペーンが終了するので、それまでと同じデータ容量を維持する場合は月額料金が500円高くなります。「月額料金をこれ以上高くしたくない」という場合は増量オプションを外すことになるので、結果的にデータ容量が実質1/3減ってしまう、というわけです。

機種変更すればデータ容量が維持される

契約から2年経つと終了する増量オプションの無料キャンペーンですが、UQモバイルで機種変更すると、その月からさらに2年間無料キャンペーンが利用できます。2年ごとにUQモバイルで新しいスマホを購入するようにすれば、ずっと無料で増量オプションを利用できるわけですね。

機種変更の際にもマンスリー割は適用されるので、端末代を節約しつつ新しいスマホに変更することができます。ただし「イチキュッパ割」は再適用されないので気を付けましょう。

2-2.更新期間以外の解約は違約金あり

おしゃべりプラン・ぴったりプランは契約期間が2年と長く、しかも更新期間中に解約をしないと自動で契約が更新されてしまいます。大手キャリアの2年縛りと全く同じですね。おしゃべりプラン・ぴったりプランの契約期間は課金開始日を1ヶ月目として25ヶ月間となっており、更新期間はその翌月1ヶ月(26ヶ月目)しかありません。

この更新期間以外で解約すると9,500円の契約解除料が発生するため、解約するタイミングを見逃さないようにしましょう。

2-3.データ増量オプションは自分でチャージ

データ増量オプションは厳密には使えるデータ容量が増えるのではなく、データ容量のチャージが一定額まで無料になります。つまり、データ増量オプションをフル活用するには、増量される分のデータ容量を毎月自分でチャージをしないといけません。チャージしないとその分が無駄になるので、忘れずにチャージするようにしましょう。

なお、増量オプション適用中は「まとめてチャージ」という機能が使えます。これは、増量オプションで無料になるデータ容量分を1回でチャージできる機能です。例えば、プランSで増量オプションを適用させると、毎月1GBのデータ容量を無料でチャージできます(基本データ容量2GBと合計で毎月3GB使える)。

この場合、従来なら500MBのチャージを2回行わないといけませんでしたが、まとめてチャージを使えば1回で1GB分のデータ容量がチャージされます。非常に楽ですね。増量オプション分のデータ容量をチャージする場合はまとめてチャージを活用しましょう。

3.まとめ

以上、UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランについて詳しく解説しました。おしゃべりプラン・ぴったりプランの内容はほぼ同じですが、付属する音声通話オプションが、

  • おしゃべりプラン:5分かけ放題
  • ぴったりプラン:無料通話(最大180分/月)

という違いがあります。自分の電話の利用頻度やスタイルに合わせておしゃべりプランとぴったりプランのどちらにするかを選びましょう。おしゃべりプラン・ぴったりプランは通話料がお得になりますし、端末代も安くなるなどメリットが多い反面、

  • 2年縛りである
  • 途中で月額料金が高くなる&データ容量が少なくなる

といったデメリットもあります。いい面だけでなくデメリットや注意点もしっかり把握したうえで申し込むようにしましょう。

朗報:現金13000円キャッシュバックが貰えます(終了未定)

公式サイトには表示されない限定ページからUQモバイルに申し込むと最大13000円の現金キャッシュバックが貰えます。

初期費用の3800円も無料となります。SIMカード単体契約もキャッシュバック対象です。

>>13000円が貰えるキャッシュバックページはこちら

キャッシュバックの受け取り方については、「こちらの記事」でも詳しく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。