大手キャリアの乗り換え

enひかりってどんなサービス?縁人の社長に直撃インタビュー

enひかり インタビュー

enひかりは業界最安値で利用できる光回線サービスです。月額料金はわずか3300円(戸建ては4300円)。フレッツ光とプロバイダがセットになった光コラボレーションなので、これ以上、別料金が発生することはありません。

今回は、そんなenひかりを運営する株式会社 縁人を徹底取材。縁人の運営体制やenひかりの通信品質、安さを実現できている理由など詳しくインタビューしていきます。


0.株式会社 縁人の所在地

縁人の本社は地下鉄成増駅から徒歩1分。社内に入ると業務中でお忙しい中、暖かく迎えてくれました。

今回、お話を伺ったのは代表取締役の横山さんです。

縁人 代表の横山さん

さっそく、enひかりについて詳しく聞いていきます。

1.enひかりを提供している縁人とは?

―まずは、縁人のサービスについて教えて下さい。

横山さん:縁人は2007年からNTTの代理店としてスタートしました。enひかりだけでなく、WiMAXやauひかりのサービスも取り扱っています。

―enひかりだけでなく複数のネット回線サービスを提供しているのですね。

横山さん:はい、そのため必ずしもenひかりだけを提案するわけではありません。例えば、短期しかネット回線を使わないのならWiMAX、auユーザーの方ならauひかりといった提案をする場合もあります。

―1つのサービスしかないと、どうしてもそのサービスを最終的におすすめする形になりますよね。

横山さん:お客様の状況に合わせて最適な提案をしています。一つのサービスに偏らないことが会社としての強みだと思っています。

―なぜ光コラボレーションの事業をはじめたのですか?

※光コラボレーションとはNTTフレッツ光に、事業者が独自サービスを付加して販売することです。

横山さん:これまで10年以上光回線を販売していくなかで、どんどん各社のキャンペーンが複雑になっていきました。プラン内容もわかりにくくて、販売員も大変そうでした。そこで感じたのが、もっとシンプルで安い光回線サービスを提供できないかということ。

光コラボレーションサービスが始まってから2年経っていましたが、最安値の光回線を作ろう、違約金を無くそうと思い、光コラボレーション事業をスタートすることを決意。enひかりが生まれました。

―そのような経緯(いきさつ)があったのですね。確かに、あらかじめ最安値であることが分かれば、ユーザーも迷わずに済みます。

横山さん:とにかく月額料金の最安値には、こだわっていますね。

―違約金が無い光回線というのも初めて聞きました。

横山さん:どうしても工事費だけはかかってしまうのですが、契約後に気に入らなければいつでも辞めることができます。無理して2年使って下さいとは言いたくなかったので、違約金を無くしました。

2.enひかりの通信品質はいいの?

―enひかりの通信品質はいいのですか?

横山さん:通信品質は満足頂けています。他社と同等の水準です。回線は同じNTTですからね。

―失礼な話ですが、価格が安い代わりに通信品質が犠牲になっているのかと思っていました。

横山さん:むしろS社(業界のトップクラス)よりenひかりの方が、通信速度が出ている状況です。あと、通信品質が好調なのはv6プラスの影響も大きいです。

―v6プラスとは何ですか?

横山さん:通信速度を優先的に向上させるオプションサービスのことです。enひかりの半分くらいのお客様はv6プラスに加入しています。

※enひかりはわずか月額180円(業界最安値)のオプション料金でv6プラスに加入できる

―v6プラスはどれくらい速いのですか?

横山さん:ほとんどのお客様が100Mbpsを超えています。実際に、「通信速度がかなり速くなった」と喜んでもらえることが多いです。

―通信品質に関してクレームが来たことはありますか?

横山さん:任天堂のスプラトゥーン?がⅴ6プラスだとうまくつながらないというお客様がおりました。その方はv4に切り替えることで解決できました。あと、どうしても40Mbps程度までしか速度が出ないと仰られたお客様がいました。LANケーブルの交換もしてもらったのですが、改善されず、原因が究明できませんでした。

私が対応したお客様で、ご満足いただけてない印象なのはその方くらいですね。実はその改善のため新サービスを検討しており、その方には新サービスが出ましたら一番にご案内したいと考えております。

―新サービスとはどんなサービスですか?

横山さん:まだ検討及び交渉段階のため、詳しくはまだお伝えできませんがv6プラスの他に同等又はそれ以上の通信速度が期待できるサービスの導入を検討しています。また、発表できる段階になりましたらお知らせ致します。

3.enひかりはどうやって最安値を実現しているのか

―価格の安さをアピールされると、どうしても裏があるのでは?と疑ってしまいます。ずばり、これだけ安い月額料金を掲示できる理由は何ですか?

横山さん:いくつか理由はありますが、まずカスタマーセンターの問い合わせを有料にしていることが大きいです。受付センターは無料なのですが、enひかりに関するご質問はフリーダイヤルを使っていません。

―あえてカスタマーサポートを有料にして問い合わせの数を減らすことで、スタッフの人件費を削っているわけですね。

横山さん:あとは、ギリギリで線を引いて自社で求める利益を少なくしていること。見積もり書などの対応をなるべく減らして、WEBからの確認だけで申し込んでもらうことで、低価格を維持しています。業務をシンプルにすることをいつも心がけていますね。

―社内を見た限り、従業員が少ないのですが業務は回していけるのですか?

横山さん:まったく問題ないですよ。やはり、お問い合わせ件数を減らせたことが大きいです。カスタマーセンターを無料にすると、通信とまったく関係ない質問が多くなり、スタッフの人員が足りなくなります。ですが、通話料を有料にすることで無駄な質問がなくなりました。

―私の両親も、よくネット回線のスタッフさんと世間話をしていましたからね・・。

横山さん:お問い合わせが有料だと、まずは自分で調べてそれでも分からないことだけを質問してくれます。だから回答がシンプルで、話がダラダラと長くならない。結果としてスタッフの数が最小限で済んでいます。

―社内を見回すと8人くらいしかいませんが、この人数でも十分なのですね。

横山さん:はい、午前中は電話も多いのでもう少し人数もいますが、この人数でも大丈夫です。決してサービス品質を落としているわけではないので、少ない人数でもカスタマーサポートはすぐにつながります。

―光回線のカスタマーサポートは10分以上待つこともありますが、enひかりはすぐに繋がりますか?

横山さん:うちはほとんど3コール以内に繋がりますよ。万が一電話に出られない時があっても、すぐにかけ直しています。

4.enひかりがおすすめな人とは?

縁人 代表の横山さん 2

―enひかりを使うユーザーは、どんな人が多いですか?

横山さん:年代は20代から80代までバラバラですね。電話セットではなく光回線単体の契約が多いです。ファミリー世代で電話付きの注文を頂くのは3割くらいですね。あとは単身のひとり暮らしの方が多い印象です。その他、個人だけでなく法人様からの注文もよく頂きます。男女比は同じくらいですね。女性からの注文も多いです。

―契約の多いプランや人気のオプションを教えて下さい。

横山さん:プランはマンションギガタイプが多いです。マンションタイプは100Mbps でも1Gbpsでも同じ3300円です。お住まいのマンションで最高スペックのものを提供しています。ファミリータイプはすべてギガですね

―オプションはやはり、v6プラスが人気ですか?

横山さん:はい、v6プラスが圧倒的に人気です。

―enひかりは、どんな人におすすめのサービスですか?

横山さん:言ってしまえば、光回線を使うすべての方におすすめできると自負しています。ネット回線を短期で使う人も長期で使う人も満足できるはずです。短期で使う人は違約金が無いことが一番のメリット。そして、長期で使う人は月額料金が安いので5年、10年・・と契約が続くと大きな節約になります。長く使うなら100円でも安ければだいぶ違うと思います。

―確かに、2年で光回線をやめる人はあまりいないですよね。短期間で光回線を使える点も魅力だと思いました。

横山さん:単身赴任で転々とする方など解約金が無いのでenひかりは使いやすいと思います。

―短期契約で光回線の発想はなかったです。

横山さん:短い期間でも光回線を導入できるのはenひかりの強みだと思っています。

5.日々の仕事で苦労したこと・嬉しかったこと

―日々のお仕事で、苦労していることはありますか?

横山さん:困っているのはたまに未納の人がいることです。連絡が着かずに強制解約になっても、NTTの回線使用料は必要なので会社としては赤字になります。

―それはキツイですね・・。未納者は結構多いのですか?

横山さん:100人いたら1人いるかいないかの割合ですが、これ以上増えると正直困りますね。

―支払い方法はどういうシステムなのですか?

横山さん:お支払いは口座振替とクレジットカード払いから選べます。開通後に登録用紙を送るので、そちらに必要事項を記入して返送してもらう流れです。お支払いの登録が遅れた場合はコンビニ払いとなります。

―未納する人は登録用紙が送られても記入しないというわけですね・・。

※悪質な未納は訴訟の対象となります。絶対に辞めましょう

―仕事中に嬉しかったことはありますか?

横山さん:回線工事の予定日が半月くらい早まったと、お客様に喜んで貰えたときは、私も嬉しかったですね。地方だと工事枠が少なくて、今から申し込んでも12月中旬まで枠が空いていないことがあります(現在は11月上旬)。

各社でNTTの少ない工事枠を取り合っている状態なので、混雑して工事日が遅れるのですが、たまに他社がキャンセルを出して工事枠がぽんと空くときがあるんです。ほんの5分くらいのタイミングなのですが、上手くいけばキャンセルで空いた工事枠を取れます。

―そこまで細かい対応は、なかなか大手では出来ませんよね。

横山さん:いつもキャンセルが出るわけではないので、必ず取れるとお約束はできませんが、暇さえあれば工事枠が空いていないか見ています。

―その他にも何か仕事中の思い出などはありますか?

横山さん:お店をやっているお客様が、どうしても希望の電話番号を取りたいと要望がありました。苦労はしましたが、何とかお客様の欲しい電話番号を取れました。そのことを伝えると、本当に感謝してくれました。お客様の嬉しい顔が浮かんで、こちらも嬉しくなったことを覚えています。

6.インタビューを終えて


今回のインタビューでは、代表の横山さんが本当に熱心にお話しされている姿が印象的でした。enひかりを提供する縁人は、決して大きな会社ではありません。ですが、お客さん一人ひとりに向き合う真摯な姿勢がとても伝わりました。

株式会社縁人ミーティング風景

ミーティング中の様子

株式会社縁人社内風景

お仕事中の社内風景

安さの裏に企業努力あり。enひかりの圧倒的な低価格の裏には、私たちが決して見ることができない努力が隠れていたことが分かりました。およそ10年もの間、光回線を販売し続けるというのは、ユーザーだけでなくNTTを含め関連企業からの信頼も相当厚いのだと思います。

表彰状

KDDIより優秀なパートナーシップだけに送られる表彰状が飾られていました

最後に、enひかりを長期で利用すれば総額が大きく変わるとのお話を思い出し、実際に比較してみました。

月額料金 2年総額 5年総額
enひかり 3300円 79200円 198000円
auひかり 3800円 91200円 228000円
ドコモ光 3800円 91200円 228000円
ソフトバンク光 4000円 96000円 240000円
OCN光 4700円 112800円 282000円
So-net光 4100円 98400円 246000円
U-NEXT光 4210円 101040円 252600円

5年総額で比較すると、他社との金額差は最大で84000円に。さらに、契約期間が長くなると、とんでもない差になることが分かります。使用しているのは、同じNTTのネット回線です。今回のインタビュー記事で、もしenひかりが気になったら、公式サイトに詳しいサービス内容が記載されているのでチェックしてみて下さいね。

enひかりの詳細ページはこちら

enひかりの公式サイトはこちら

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。