格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホとガラケーは2台持ちするべきか完全解説

ガラケー
まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

ガラケーと格安スマホを2台持ちすると毎月の通信料金は安くなるのでしょうか?

 結論から言うと、ガラケーで通話、格安スマホでネットをするように役割分担をすることで、月額料金を下げることは可能です。また、使い方によっては2台持ちではなくガラケーから格安スマホに乗り換えた方がいい場合もあります。 

今回は、ガラケーと格安スマホの2台持ちやガラケーから格安スマホへの乗り換えについて詳しく解説します。

1.格安スマホとガラケーは2台持ちするべき?

通話はガラケー、ネットは格安スマホ(SIMフリースマホ)と用途を分けて、格安スマホとガラケーを2台持ちにすると毎月の通信費を下げることができます。しかし、2台持ちにはメリットしかないわけではなく、いくつかデメリットもあります。

ここでは、格安スマホとガラケーを2台持ちするメリット・デメリットや月額料金がどれくらいお得になるのか?詳しく解説します。

1-1.格安スマホとガラケーの2台持ちとは

格安スマホとガラケーの2台持ちとは

  •  通話とキャリアメールはガラケーで使う
    →大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と契約
  •  ネットは格安スマホで使う
    →格安SIM会社と契約

 このように、用途に合わせて端末を使い分ける方法を指します。大手キャリアでガラケーを契約すると、かけ放題の適用により通話料金を安く抑えられます。そしてネットを格安スマホで行えば、安い通信料金で動画やWEB閲覧を楽しめます。

ガラケーと格安スマホの組み合わせは、それぞれのメリットを活かした契約となるのです。

1-2.2台持ちのメリット

格安スマホとガラケーを2台持ちすると以下のメリットがあります。

(1)キャリアメールが使える

格安スマホではキャリアメールを使えるのはY!mobileUQモバイルを除いてキャリアメールが使えません。

LINEやフリーメールのGmailYahoo!メールで代用できますが、キャリアメールを使いたい場面もあります。特にフリーメールは迷惑メールフィルター受信拒否される可能性があるため、確実にメールが届くキャリアメールは貴重です。

ガラケーを持っていれば、キャリアメールしか連絡手段がない相手でも連絡が取れます。また、キャリアメールでしか登録できないサービスも使用できます。

(2)月額料金が安い

通話用のガラケーとインターネット用の格安スマホを2台持ちすると、それぞれ別契約するよりも月額料金が数千円単位で安くなります。ガラケー単体の料金もパケット代が高額なため、ネット料金は不利となります。

実際に2台持ちがどれくらい安くなるかについては、後ほど詳しく解説します。

(3)長電話ができる

格安スマホの通話料金は30秒あたり20円です。格安スマホでも5分かけ放題、10分かけ放題、半額通話などの通話サービスがあります。

しかし、家族間無料通話、同キャリア間無料通話、無制限無料通話が無いため、長電話をする方は通話料金が高額になってしまいます。ガラケーなら無制限かけ放題や家族間無料通話が充実しているため、長電話したい方も安心です。

1-3.2台持ちのデメリット

格安スマホとガラケーの2台持ちは、メリットだけでなく以下のデメリットもあります。

(1)管理が複雑になる

格安スマホとガラケーを2台持ちすると、バッテリーの充電や持ち運びはもちろん契約書類などもすべて2つに分かれます。

外出時にどちらかを忘れてしまうと大変ですし、片方だけ充電が切れても困ります。充電タイミングも2台のバッテリー状況を確認する必要があり、管理が面倒となります。

(2)通話をあまりしないなら利用料金が高額

ガラケーと格安スマホの2台持ちは、毎月の通話時間が長い人におすすめです。格安スマホの通話料金がかけ放題ガラケーの維持費である2,800円以下なら格安スマホ1台持ちの方がいいです。

2800円の通話料金はひと月で約70分の通話時間となります。毎月の通話時間が70分以上なら2台持ち、70分以下なら格安スマホ1台の契約がお得となります。

1-4.2台持ちした場合の月額料金

 格安スマホとガラケーを2台持ちした際の月額料金は以下となります。

月額料金:3400

  • ガラケー 2500円(かけ放題 2200+ネット接続料 300円)
  • 格安スマホ 900円(楽天モバイル3.1GBプラン)

参考までにガラケーだけを利用した場合は、パケットを2GB使うと想定すると月額6000円かかります。

※かけ放題 2200+ネット接続料 300+パケット2GBプラン 3500

 格安スマホだけの場合は、3GBプランに5分かけ放題を付けて月額2500円程度が相場です。

※楽天モバイル3.1GBプラン 1,600+5分かけ放題オプション 850 

一見すると安いですが、かけ放題を超える通話は30秒で20円の通話料金が加算されていきます。ガラケーと格安スマホを2台持ちすれば、わずか3400円の月額料金で無制限のかけ放題、キャリアメール、スマホでのデータ通信がすべて使用できます。

1-5.格安スマホとガラケーの2台持ちがおすすめな人

格安スマホとガラケーの2台持ちは以下の方におすすめです。

  • 毎月の通話時間が75分以上
  • 時間無制限のかけ放題を使いたい
  • キャリアメールを残したい
  • 仕事とプライベートで携帯電話を分けたい

特におすすめしたいのが長時間の通話をしたい方です。家族や恋人と長電話する方は75分を基準に2台持ちの方が、利用料金が安くなります。キャリアメールを残したい方やガラケーと格安スマホで用途を分けたい方も2台持ちがおすすめです。

逆に、毎月の通話時間が1時間以内、通話回数は多いけど510分程度でほとんど通話が終わる方は、ガラケーから格安スマホに乗り換えた方が利用料金は安上がりです。

5分・10分かけ放題なら大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)よりも、格安スマホのオプション料金の方が安いです。

2.格安スマホとガラケーを2台持ちする手順

ここでは、格安スマホ(SIMフリースマホ)とガラケーを2台持ちする方法について詳しく解説していきます。

2-1.ガラケーの契約方法

ガラケーは以下の方法で契約します。

(1)ガラケーユーザーの方

現在、ガラケーユーザーの方は、最安値のプランに変更しましょう。高額なパケットパックを解約して、従量制のパケットプランに契約変更すれば、最低限の維持費となります。かけ放題は契約必須です。

(2)スマホユーザーの方

現在、大手キャリアのスマホを利用している方は、ガラケーを入手してスマホからSIMカードを移し替えます。ガラケーのSIMスロットはバッテリーの裏側にあるケースが多いです。SIMカードを差し替えたら、ガラケー向けのプランに変更しましょう。

スマホ向けプランのままだと、データ通信の維持費が高額です。ガラケー向けのプランなら、データ通信の最低維持費は月額300円となります。

2-2.格安スマホの契約方法

格安スマホ(SIMフリースマホ)は、格安SIMカードとセットで購入可能です。2万円以下の端末なら、月々800円程度で分割購入できます。 詳しくは「おすすめの格安スマホ(SIMフリースマホ)」の記事を参考にして下さい。

格安SIMはネット専用のデータ通信専用SIMで契約します。通話ができるタイプの音声通話SIMより、プラン料金が圧倒的に安いです。毎月使うデータ通信量ですが、迷う場合はとりあえず3GB程度がおすすめです。 

ネット閲覧やSNS程度なら問題なく使用できます。足りない場合は、あとからプラン変更することも可能です。

おすすめの格安SIM会社は?

格安SIM会社は主要な通信事業者だけでも20種類上、マイナーな会社を入れると600社以上も存在します。格安SIM会社を選ぶ際は、利用料金だけでなく各会社のサービス内容も比較検討しなければなりません。

どの格安SIM会社を選べば良いのか迷う方は、以下の記事を参考にして下さい。あなたにぴったりの格安SIM会社を見つけることができますよ。

あわせて読みたい
格安SIM
13項目で完全比較!格安SIMのおすすめランキング格安SIMの乗り換えを決めたけど、どこの通信事業者を選べばいいのか分からない・・・ 格安SIMの乗り換えを決心するまでは良かったの...

3.まとめ

今回は、格安スマホとガラケーを2台持ちするメリット・デメリットや契約の方法について解説してきました。ガラケーとスマホを2台持ち歩く必要はありますが、使い放題のかけ放題付きで月額料金を大幅に節約できるのは魅力的です。

 ガラケーやキャリア契約のスマホを1台で運用するより、両方を組み合わせた方が使い勝手も毎月の通信費用も安くなりますよ。この記事を参考に、ぜひ2台持ちにチャレンジしてくださいね。

まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。