格安スマホの乗り換え方法

enひかりをメリット・デメリットから通信速度まで全解説

enひかり

光回線のenひかりはどんなサービス内容か気になる・・・

enひかりは業界最安値で利用できる光回線サービスです。月額料金が安い代わりに、通信速度が遅いのでは?高額な違約金が設定されているのでは?と心配になりますよね。この記事では、enひかりのサービス内容を徹底解説。メリット・デメリットから申し込み方法まで詳しく解説しました。ぜひ、参考にして下さいね。

enひかりの公式サイト

1.enひかりとは?

さっしく、enひかりの詳しいサービス内容について見ていきましょう。

1-1.業界最安値の光回線

enひかりの魅力は何といっても、業界最安値の月額料金です。携帯代だけでも高いのに、光回線まで契約できない・・・といった方は多いです。しかし、enひかりなら安価に高速通信の光回線を楽しめます。

enひかりの月額料金

  • 戸建て:4300円
  • マンション:3300円

※アパート・マンションでもNTT東日本エリアは4世帯未満、NTT西日本エリアは6世帯未満で戸建ての月額料金が適用されます

実際どれくらい安いのか、他社と比較してみました。

光回線の料金比較

月額料金
戸建て マンション
enひかり 4300円 3300円
auひかり 5200円 3800円
ドコモ光 5200円 3800円
ソフトバンク光 5200円 4000円
NURO光 4743円 1900円~4743円
OCN光 5100円 4700円
So-net光 5200円 4100円
U-NEXT光 5280円 4210円

見ての通り、enひかりが断トツの安さです。100円程度安くて業界最安値と言われても、なんだか白けてしまいますが、他社と比べて500円以上も安いのは本当にお得です。戸建ての場合は1000円弱も値段が違います。

なぜ月額料金を安くできる?

enひかりが、なぜここまで安いのか怪しく感じますよね。理由は簡単で、光コラボレーションは価格設定が自由だからです。NTTは光コラボレーションの提携会社に回線を卸すだけ。あとは、価格設定が自由なので企業努力で値下げできるというわけです。

enひかりは、経費削減などユーザーからは見えない影の努力で、月額料金がここまで下がっているわけですね。莫大に経費のかかる大手企業では、なかなか対抗できない価格だと思います。

ホームゲートウェイを借りるなら月額200~300円が加算

ホームゲートウェイとは、複数の有線LAN接続、あるいは無線LANを使用したい場合に必要な機器のことです。高価な機器ですが、enひかりでは月額200~300円(無線LAN機能付きが300円)でレンタルできます。もし、ホームゲートウェイを借りる場合は、enひかりの月額料金に加えて、月額200~300円加算されることを覚えておきましょう。

なお、ホームゲートウェイのレンタル料は、他社でも必要となります。

1-2.プロバイダがセットの光コラボレーション

月額料金が安いenひかりですが、別途利用料金が必要みたいな罠があるのでは?と勘ぐりますよね。結論から言うと、enひかりは光回線とプロバイダがセットの光コラボレーションなのでオプションを除いて、これ以上基本料金が加算されることはありません。光コラボレーションとは、光回線とプロバイダがセットになったプランを意味します。

いままでは、光回線(フレッツ光)を提供するNTT東日本・西日本とプロバイダの2社を契約する必要がありました。イメージとしては、大元の回線がNTT、枝分かれしている回線がプロバイダとなります。しかし、光コラボレーションでは、光回線とプロバイダが一体化しているため契約先は一社だけです。

支払いもサポートも一元化されるためユーザーにとっては便利になります。enひかりは光コラボレーションの提供サービスです。NTTに支払う利用料金、プロバイダに支払う利用料金が最初からセットになっているため、これ以上価格が変わることは無いのです。

1-4.違約金の設定がない

enひかりには違約金(解約金)がありません。いわゆる最低利用期間が無いためいつ解約しても手数料は0円です。通常、光回線サービスの解約金はおよそ1万円から2万円と高額な金額が設定されています。

そのため、一度光回線を契約すると簡単に乗り換えることができず、窮屈な契約縛りが設けられるのです。enひかりの違約金0は、いつまで続くか分かりません。執筆時点では、サービスを開始したばかりです(2017年より)。知名度が上がれば、今後違約金を設定する可能性は十分にあります。

現在は、違約金が無いためリスク無しでお試しできるチャンスです。工事費がかかるため完全無料ではありませんが、少しでもenひかりが気になるなら、今が契約のチャンスかも知れません。

1-5.安いから通信速度が遅い?

月額料金が安いのはわかったけど、通信品質はどうなの?と感じますよね。いわゆる安かろう悪かろうではないのか、心配になってしまいます。結論から言うと、enひかりの通信速度は通常の光回線と同じスピードが出ます。その理由は、NTTのフレッツ光と同じ回線を使用しているからです。

enひかりはNTT東日本、NTT西日本から回線を借りて運用しています。決して自社の回線を使っているわけではありません。ですので、回線の品質はNTTと同じです。ちなみに、通信速度の理論値は1Gbpsです。ただし、これはベストエフォート値であり、実行速度はおよそ100Mbpsとなります。

有線LAN接続なら300Mbpsを超える場合もありますし、無線LAN接続なら30Mbps程度になる場合もあります。参考までに、携帯会社の大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)は、およそ40Mbpsが平均値です。執筆時点では、国内で最高速度を出す4G LTEでも上限が40Mbpsとなります。

enひかりなら、40Mbpsは下限値に近い数字です。動画のストリーミングやアプリのダウンロードに困ることはないでしょう。

1-6.V6プラス(iPv6 IPoE+ IPv4 over IPv6)オプションで通信速度がさらに速く

オンラインゲームや高画質動画のストリーミング・ダウンロードを頻繁に行う方は、十分な通信速度が出るか心配でしょう。そんなときは、オプションでV6プラスに加入すると安心です。V6プラスとは、従来のインターネット接続(PPPoE)ではなく、次世代ネットワークのiPv6 IPoEとIPv4 over IPv6方式でネット接続できるサービスです。

専門用語で意味が分からないと思いますが、簡単に言うと回線混雑の少ないプレミアム回線を利用することができます。通常の回線は、利用者が急増する夜の時間帯に速度低下しますが、V6プラスなら回線混雑を起こさずスムーズなネット接続が可能です。V6プラスは他社でも提供しているサービスですが、enひかりはV6プラスの利用料金も業界最安値の水準です。

■V6プラス:月額180円

V6プラスも本契約同様に違約金はありません。また、V6プラスに加入しているにもかかわらず通信速度が70Mbpsを切った場合は、通信環境について無料で相談にのってくれます。

1-7.運営するのは株式会社縁人

enひかりの運営は株式会社縁人が行っています。縁人は社員数15人と小さな会社ですが、平性19年設立の歴史を持ち、東京都札幌に営業所を構えます。enひかり以外にもモバイルWi-FiルーターのレンタルやUQ WiMAXのキャンペーン代行などを行っています。

そんな小さな会社で大丈夫なのか・・・?と心配になりますがNTTの公式サイトには、しっかりと光コラボレーション事業一覧に株式会社縁人(eoひかり)が明記されています。

光コラボレーションの事業者一覧

光コラボレーションの事業者一覧

当たり前ですが、天下のNTTがぽっと出の怪しい会社に、大切な自社ブランドのフレッツ光回線を貸し出すわけがありません。十分なサービス提供を行ってくれるので、心配は無用です。

1-8.ユーザーの評価はいいの?

気になるユーザーの評価ですが、まだサービスを開始して間もないので、十分な口コミがありません。ですが、Twitterに気になる口コミが見つかりました。

enひかりさんの神対応により無事光回線でスプラトゥーンができるようになりました。約1週間どうすればオンライン対戦できるか考えてくれて、最後には無料でPPPoEのIDとPASSE発行してくれるし感動通り越して「もしかしてヒマなんですか?w」と聞きたくなるレベル(失礼)。
@Bonifa_cio

このユーザーによると相当親身に対応してくれたみたいです。オンラインゲームが無事にできるまで面倒を見てくれるとは、信じられない神対応です。ただ、サービス開始直後の口コミなので、今後ユーザー数が増えればここまでのサポートは期待できないでしょう。

とはいえ、効率主義にならずにしっかりと一人のユーザーに向き合って対応する姿勢は素晴らしいと思います。今後のサービス・サポートにも期待が持てますね。

enひかりの公式サイト

2.enひかりのメリット・デメリット

enひかりには、以下のメリット・デメリットがあります。

2-1.メリット

enひかりのメリットは以下の通りです。

  • 月額料金が業界最安値
  • 違約金がかからない
  • V6プラスオプションが安い
  • サポートの対応が良い

やはり、enひかりは料金面でのメリットが大きいです。通信速度が他社と変わらないのに利用料金だけ安いのは非常に魅力的です。また、通信速度がどうしても心配なら月額180円の安さでV6プラスオプションを利用できます。70Mbpsを切れば相談に応じてくれるため、事実上の最低速度保証と考えていいでしょう。

その他、サポートに対するユーザー評価が良かった点もメリットに挙げられます。

2-2.デメリット

enひかりのデメリットは以下の通りです。

  • キャンペーン・キャッシュバックが無い
  • 運営会社の知名度が無い
  • メールアドレスの提供がない

まず、enひかりは毎月の月額料金が安いため、キャンペーンやキャッシュバックを実施していません。

※現在、UQモバイルとのセット割があります。詳しくは後述します。

光回線の契約と言えば、派手なキャンペーン・キャッシュバックの争いが耐えませんが、enひかりには何も無いのです。しかし、よく考えれば分かりますが、キャンペーンやキャッシュバックがなくてもトータルの支払額は、他社よりenひかりの方が安いです。他社と比べて、およそ500円~1000円安いので、長期契約になればなるほど金額差は開きます。

ですので、一概にデメリットとは言えないでしょう。ただし、運営会社の知名度が無いこと、メールアドレスの提供がないことの2点は覆しようが無いデメリットです。月額料金が激安となるかわりに、これらのデメリットが我慢できるのかがポイントとなります。

2-3.どんな人におすすめ?

メリット・デメリットを踏まえると、enひかりは以下の方がおすすめです。

  • とにかく安く光回線を使いたい
  • 違約金など余計な支払いをしたくない
  • 大手の契約縛りや強引なサービス内容が嫌い

まず、安く光回線(固定回線)を使いたい方は、enひかりがおすすめです。現時点で、enひかりより安い光回線サービスはありません。派手なキャンペーンやキャッシュバックに踊らされず、賢い選択をしたいならenひかりで決まりです。また、高額な違約金を避けたい方や、大手企業の契約縛りシステムなどから逃れたい方もenひかりはおすすめです。

enひかりは小さな会社ですが、逆に大手企業にはない細やかなサービス提供ができています。知名度だけで寄ってくる客を、強引な内容で契約させる大手企業。安心感はありますが、そのような契約形態が嫌な方は、たとえ知名度がなくてもenひかりのようなサービス会社を選択したほうがストレスなく光回線を使用できるでしょう。

enひかりの公式サイト

3.enひかりの申し込み方法

ここでは、enひかりの詳しい申し込み方法について解説していきます。

3-1.新規契約の手順

enひかりに新規契約する手順は以下の通りです。

  1. enひかりの公式サイトにアクセス
  2. 「お申し込みはこちら」をタップ
  3. 申し込みフォームを入力
  4. 工事日の日程を調整(enひかりから連絡あり)
  5. 光回線の開通手続き

以上で、enひかりのサービスが利用開始となります。申込みフォームは住所、名前など契約者情報を入力します。また、希望の支払い方法(クレジットカード・口座振替)やお申し込みタイプ(マンション・戸建て)もこちらで入力します。本人確認に不備があると、後日本人確認書類の送付が必要となるので気を付けましょう。

申込みフォームを入力したら、enひかりから最終確認の電話が2日以内にかかってきます。工事日の調整もこの時に行うので、スタッフと打ち合わせを行って下さい。工事日の指定はおよそ2週間後から予約可能です。無事、工事が終われば開通完了です。

3-2.転用の手順(フレッツ光を利用中)

既にフレッツ光を利用中の方は、以下の手順でenひかりへの転用手続きを行いましょう。

  1. NTT東日本・NTT西日本から転用承諾番号を取得
  2. enひかりの公式サイトにアクセス
  3. 「お申し込みはこちら」をタップ
  4. 申し込みフォームを入力
  5. 工事日の日程を調整(enひかりから連絡あり)
  6. 光回線の開通手続き

既にフレッツ光に契約中の方は、まず転用承諾番号を取得する必要があります。オンラインから取得することもできますが、専用の電話番号に連絡するのが最も手っ取り早いです。

転用承諾番号の取得

  • NTT東日本:0120-140-202
  • NTT西日本:0120-553-104

受付時間は9時から17時までとなります(土日祝日含む)。転用承諾番号を取得したら、enひかりの公式サイトにアクセス。申込みフォームに契約者情報を記入していきましょう。

申込みフォームでは、取得した転用承諾番号の入力欄があります。

転用承諾番号の入力

こちらに、転用承諾番号を間違えずに打ち込んで下さいね。申し込みが完了すると、enひかりから連絡があります。工事日の指定はおよそ2週間後から可能です。すべての手続と工事が終われば、enひかりの契約で光回線が開通します。

3-3.初期費用(手数料・工事費)はいくらかかる?

enひかりの初期費用は、以下の通りです。

新規契約の方

  • 契約事務手数料:3000円
  • 工事費:2000円~15000円

転用の方

  • 転用事務手数料:2000円

新規契約の方は、自宅の回線状況によって工事費が大きく変わります。既に光回線の設備があるマンションなどの場合は、スタッフの訪問が不要で最安の2000円で工事が完了します。屋内配線が整っていない場合は、訪問工事が必要で7600円か15000円の工事費が必要です。新築の戸建てにお住まいの方などは、15000円の工事が必要になる可能性が高いです。

なお、既にフレッツ光に加入済みで転用する方は、初期費用が2000円の転用事務手数料しかかかりません。工事費が不要な理由は、既にフレッツ光の回線が通っているため、必要な工事が終わっているからです。

サービスエリアは全国

enひかりのサービスエリアは全国となります。NTT東日本、NTT西日本のエリアにて、どこでも開通できます。もし、住まいが過度な過疎地である場合は、一度enひかりに相談の連絡を入れておくといいでしょう。

3-4.利用できるオプション

enひかりで利用できるオプションは以下の通りです。

オプション名 月額料金
enひかり電話基本 500円
enひかり電話パック 1500円
発信者番号通知 400円
番号通知リクエスト 200円
通話中着信 300円
転送電話 500円
迷惑電話拒否 200円
着信お知らせメール 100円
複数チャネル 200円
追加番号 100円
FAXお知らせメール 100円
着信課金サービス 1000円
enひかりテレビ 660円
無線LANレンタル 300円
固定IP 700円
enひかりv6プラス 180円
リモートサポートサービス 500円
ライフサポートサービス 500円
フレッツウイルスクリア 400円
enひかりforBiz 600円

オプション内容は非常に充実しています。人気があるのは、enひかりv6プラス、enひかりテレビ、固定IPのオプションあたりです。サポートを付けたい方は、リモートサポートサービスに申し込むといいでしょう。なお、オプションは契約後に付けることも可能です。また、好きなタイミングで解約することもできます。

3-5.キャンペーンは無いけど勝手に割りがある

キャンペーン、キャッシュバックが無いenひかりですが、「UQモバイル」の契約者は勝手に割りが適用されます。

■勝手に割りの内容:月額100円の割引

※受付開始は2018年12月1日から(翌1月より割引がスタート)

勝手に割りの適用条件は、本人または家族がUQモバイルと契約するだけ。UQモバイルの契約は、enひかりの後でも先でも構いません。両サービスに契約したら、enひかりカスタマーサービスに、勝手に割り適用を申請しましょう。月額100円とインパクトは小さいですが、電波一本で割引されるなら適用したほうがいいです。

なお、UQモバイルは格安SIMサービスの中でも1、2位を争う品質を誇ります。当サイトでも、「おすすめの格安SIM比較」の記事で、20社以上の比較からUQモバイルを上位にプッシュしています。毎月の通信費を節約したいなら、格安光回線のenひかりと合わせて、スマホ代も格安SIMに乗り換えるといいですよ。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、enひかりのサービス内容について詳しく解説してきました。enひかりは、格安の光回線サービスです。キャンペーンやキャッシュバックはありませんが、通信速度も良好で違約金の設定もありません。毎月の通信費をコストダウンしたい、あるいは安く光回線を使いたい方にとってenひかりはおすすめできるサービスとなっています。

申し込みは、公式サイトから行いましょう。簡単な申込みフォームを入力すれば、あとはenひかり側で契約を進めてくれますよ。enひかりが気になった方は、違約金がかからない今のうちにお試ししてみて下さいね。

enひかりの公式サイト

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。