格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホの料金支払い方法を全解説

料金支払

格安スマホの料金支払いはクレジットカードが基本ですが、最近は消費者のニーズに合わせて、多様な支払い方法に対応しているMVNO(格安スマホ提供事業者)が増えています。

MVNOを検討する際、各社で利用できる支払い方法を比較したい方もいるのではないでしょうか?

この記事では、格安スマホで利用できる支払い方法や、主要MVNOの支払い方法のまとめ表を紹介します。

希望の支払い方法ができる会社はどこなのか、ぜひ参考にしてください。

【利用者急増中の格安スマホ】

\本田翼のCM効果で人気爆発/

lineモバイル詳しくはこちら>>

格安SIMの総合ランキングはこちら

1.格安スマホの料金支払い方法とは?

対応している料金支払い方法は、MVNOによって異なります。まずは、格安スマホの料金支払い方法について見ていきましょう。

1-1.格安スマホの主な決済手段

格安スマホの主な決済手段は、

  1. クレジットカード
  2. デビットカード
  3. 口座振替

の3つです。

基本はクレジットカード払い

格安スマホを契約する際の、主流の支払い方法はクレジットカード払いで、デビットカードや口座振替は、MVNOによって対応状況が異なります。

ただ、クレジットカード以外の支払い方法に対応している会社でも、なりすましでの契約防止やコスト削減のため、基本はクレジットカード払いを推奨しています。

口座振替とデビットカード払いは確認が必要

クレジットカードを所持していない場合は、希望のMVNOがデビットカードや口座振替など、別の支払い方法に対応しているか確認する必要があります。

各MVNOが対応している支払い方法については、本記事の最後にまとめている表を参考にしてください。

1-2.SIMフリー端末は分割払いで購入可能

MVNOに乗り換える際、スマホ端末も新しく買い換える方もいるでしょう。そんなとき、SIMフリー端末を分割購入できれば初期費用を抑えることができ、助かりますよね。

購入場所と支払条件

SIMフリー端末は、以下の場所で分割購入が可能です。

  • ネット(MVNOの公式サイト)
  • 家電量販店

MVNOの公式サイトでSIMフリー端末を分割購入する場合は、端末とSIMカードを合わせて購入することが条件です。

支払い方法(ネット購入)

支払い方法は、ほとんどのMVNOがクレジットカード払いしか対応していません。

ただし、デビットカードに対応しているMVNO数社については、月額料金の支払いと同様にデビットカードで端末の分割購入ができます。

いずれの場合も、支払い回数は24回払いが基本。なお、口座振替に対応しているMVNOであっても、端末代金に関してはクレジットカード払いしかできません。

支払い方法(家電量販店で購入)

家電量販店で購入する場合は、すべてのMVNOでクレジットカード払いによる分割購入が可能です。

ネットで購入するよりも端末代が少し高くなってしまいますが、代わりに家電量販店のポイントを貯めることができます。

分割で支払える回数については、クレジットカード発行会社が提示する回数の中から自由に選択可能です。

1-3.その他の支払い方法はある?

プロバイダと合算

光回線プロバイダなど格安スマホ会社の他サービスをすでに契約している場合は、現在利用している支払い方法で、請求の合算払いができます。

利用したい格安スマホとプロバイダの提供事業者が同じ場合は、こちらの支払い方法を選ぶと良いでしょう。

年契約のまとめ払い

また、Tikiモバイルでは、年契約で1年分の料金をまとめて支払う場合に限り、ゆうちょ銀行やコンビニ払いに対応しています。

ただし、契約できるのはSMS機能が付いていないデータ通信専用SIMのみです。

プリペイド払い

現金払いを希望するなら、IIJmioやmineoなどが提供しているプリペイドタイプのSIMを利用するのも1つの手です。

サービス内容はMVNOによって異なりますが、利用期限やデータ量の上限を超過したら、コンビニや家電量販店で新しいプリペイドSIMを現金購入することができます。

ただし、コンビニで購入した場合、SIMカードは後日郵送となるため、すぐ使えない点には注意しましょう。

それでは、クレジットカード、デビットカード、口座振替のいずれかを選択した場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

ここからは、それぞれの特徴と合わせて詳しく説明していきます。

2.クレジットカード

2-1.クレジットカード払いが多い理由

クレジットカード払いは、すべてのMVNOで利用することができ、全社が推奨している支払い方法です。MVNOがクレジットカード払いを推奨する理由は、

  • 本人確認の問題
  • コスト削減のため

この2つです。

MVNOはWeb上で契約手続きをすることが多いため、実店舗で本人確認ができる大手キャリアと比べて、なりすましで契約される可能性が高くなります。

そこで、クレジットカード情報を登録させることで、信用性の担保にもなるというわけです。

また、クレジットカード払いなら支払い遅滞が起きる心配がなく、無駄なコストを削減することができるのです。

上記の理由から、ほとんどのMVNOではクレジットカード払いしか採用していません。

クレジットカード払い以外では条件付きのケースが多い

なかにはクレジットカード以外の方法に対応しているMVNOもありますが、プランの制限や手数料の徴収などの条件を設けています。

さらに、本人確認書類の提出など、クレジットカード払いと比べて手続きにも時間や手間がかかります。

何も問題なくクレジットカードを発行できるなら、契約プランを自由に選ぶことができ、手続きもスムーズに行えるクレジットカード払いをおすすめします。

2-2.クレジットカード払いのメリット・デメリット

【メリット】

  • 契約手続きがスムーズ
  • MVNOが提供しているすべてのプランから選択可能
  • クレジットカードのポイントを貯められる
  • SIMフリー端末を分割購入できる

【デメリット】

  • 預金残高以上にお金を使いすぎる可能性がある
  • カードによっては年会費がかかる

2-3.格安スマホの支払いにおすすめのクレジットカード

格安スマホの支払いにおすすめのクレジットカードは、以下の3つです。

(1)楽天カード

  • ポイント還元率:1%
  • 年会費:無料
  • 特徴:審査が早く、通りやすい・カードを使うごとに明細メールが届く

楽天カードは、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが還元されます。

入会特典は、キャンペーンにエントリーすることで付与される、最大5,000~7000ポイント(キャンペーン内容により異なる)の楽天スーパーポイントです。

通常のポイント還元率は1%ですが、楽天市場で買い物をした場合はポイント還元率が4倍になり、100円につき4ポイント還元されます。

さらに、楽天モバイルの通話SIMを契約して楽天市場で買い物をすれば+1倍になり、100円につき5ポイントもの楽天スーパーポイントをもらうことができます。

楽天モバイルを契約する方や、楽天市場でのネットショッピングが多い方におすすめのクレジットカードです。

(2)Yahoo!JAPANカード

  • ポイント還元率:1%
  • 年会費:無料
  • 特徴:審査に通りやすい・明細はWebでいつでも確認できる

Yahoo! JAPANカードは、100円につき1ポイントのTポイントを貯めることができるクレジットカード。入会することで、最大10,000円分のTポイントがもらえます。

Yahoo! JAPANカードを使ってYahoo!ショッピングで買い物すると、通常1%のポイント還元率が3%になります。

さらに、頻繁に開催されるキャンペーンなどを利用すれば、最大11%ものTポイントが付与されます。

Tポイントは、ファミリーマートやTSUTAYAなど、さまざまな場面で使える利便性の高いポイント。

Yahoo!JAPANカードは、普段からTポイントを活用している方やYahoo!ショッピングの利用が多い方におすすめです。

(3)JALカード(種別・普通カード)

  • ポイント還元率:0.5%
  • 年会費:税込2,160円 ※カードブランドをAmerican Expressにした場合、6,480円。いずれの場合も入会後1年間は年会費無料
  • 特徴:審査はやや厳しい・審査からカード到着まで3~4週間ほどかかる

JALカード(種別・普通カード)は、100円につき0.5マイル貯めることができるクレジットカード。入会することで、最大5,000マイルもらうことができます。

貯めたマイルは、10,000マイルから利用することができ、国内線・国際線の無料往復航空券(特典航空券)や商品券、電子マネーなどと交換可能。

還元率は他ブランドと比べると劣りますが、ショッピングマイルプレミアム(年会費3,150円)に入会することで、100円につき1マイル付与されるようになります。

国内外での旅行・出張が多い方におすすめのクレジットカードです。

2-4.クレジットカード払いは名義に注意

メリットが多く、すべてのMVNOで利用できるクレジットカード支払い。しかし、契約の際に登録できるのは本人名義のカードのみで、家族名義は不可です。

大手キャリアからMNP(携帯電話番号ポータビリティ)する場合は、MNP予約番号(今使っている携帯電話の名義人)と乗り換え先のMVNOの契約者、クレジットカードの名義人がすべて一致しなければいけません。

未成年は契約不可の場合が多い

また、ほとんどのMVNOでは未成年は契約することができません。

この場合、親名義で契約しなければいけないため、クレジットカードも必然的に親名義のものを登録することになります。

このとき、もし乗り換え前のキャリアを未成年の子ども名義で契約していた場合は、一度親名義に変更してからMNPする必要があります。

一部、未成年でも契約できるMVNO(格安スマホ会社)があるので、興味がある方はこちらをご覧ください。

3.デビットカード

3-1.支払いに利用できるデビットカード

本記事で紹介するデビットカードとは、キャッシュカードにVisaやJCBなどのクレジット機能が付いているカードのことです。

ただし、デビットカードのなかには、格安スマホなど月額料金の支払いに利用できないものも存在します。

月額料金の支払いに対応しているのは主に、

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • スルガ銀行

が発行しているデビットカード。

希望のMVNOが、利用できるデビットカードを特に指定していない場合でも、上記の銀行が発行しているデビットカードであれば問題なく申請することができます。

3-2.デビットカードはクレジットカードを持てない人におすすめ

格安スマホの支払いにおいてデビットカードを使えば、提供されているすべてのプランから選択可能です。

デビットカードは、クレジットカードとは違い入会審査がないため、15歳以上(中学生を除く)であれば誰でも所持することができます。

何らかの事情でクレジットカードを所持していない方に、おすすめの支払い方法です。しかし、デビットカード支払いに対応している会社は多くありません。

さらに対応しているMVNOでも、クレジットカードと比較すると審査が厳しく、通りづらい傾向にあります。

3-3.デビットカード払いのメリット・デメリット

【メリット】

  • 契約手続きがスムーズ
  • 残高分しか使えないため、浪費を防ぐことができる
  • すべてのSIMカードが選べる
  • 毎月の支払い額がメールで届く

【デメリット】

  • クレジットカードと比べるとポイントの還元率が低い
  • 残高分しか使えないため、滞納してしまう恐れがある
  • 対応しているMVNOが数社しかない

3-4.デビットカード対応の格安スマホ会社

格安スマホの支払いにデビットカードを利用できる主なMVNOは、以下の4社です。

(1)OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

利用できるデビットカード:JNB VISAデビットカード・楽天銀行デビットカード(JCB・VISA)・SURUGA VISAデビットカード など

審査:クレジットカードと同等

OCNモバイルONEはクレジットカードと同等の審査基準で、デビットカードにて契約申込することができます。

契約する際は公式サイトの申込ページにて、クレジットカード情報のかわりにデビットカード番号を入力するだけで申込み可能です。

OCNモバイルONEの詳細はこちら

(2)楽天モバイル

楽天モバイル

利用できるデビットカード:SURUGA VISAデビットカード・楽天銀行デビットカード(JCB・VISA)

審査:クレジットカードと同等

楽天モバイルでは、SURUGA VISAデビットカードと楽天デビットカード(JCB・VISA)の2種類のみ対応しています。

楽天デビットカード(JCB)に限り、利用料金の1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。

申込方法は、公式サイトの申込ページでクレジットカード情報の欄に、デビットカード番号を入力するだけです。

楽天モバイルの詳細はこちら

(3)mineo

マイネオ

利用できるデビットカード:JNB VISAデビットカード・SURUGA VISAデビットカード・楽天銀行デビットカード(JCB・VISA) など

審査:クレジットカードと比べると通りづらい

mineoでは、上記の3種類以外にも、月額料金の支払いに利用できるデビットカードなら申請できます。

カスタマーセンターに問い合わせたところ、クレジットカードとは審査基準が異なるため、審査が厳しく、通らないこともあるとのことでした。

mineoの詳細はこちら

(4)NifMo

Nifmo

利用できるデビットカード:JNB VISAデビットカード・SURUGA VISAデビットカード・楽天銀行デビットカード(JCB・VISA)

審査:クレジットカードと比べると通りづらい

NifMoではデビットカードに対応しているものの、カードの種類によっては申込みできないこともあります。

カスタマーセンターに問い合わせても、申請できるカードの種類について明確な回答は得られませんでしたが、VISAカードだと審査に通りやすいとのことでした。

NifMoの詳細はこちら

3-5.格安スマホの支払いにおすすめのデビットカード

格安スマホの支払いにおすすめのデビットカードは、以下の3つです。

(1)楽天銀行デビットカード

  • ポイント還元率:JCB・1%/VISA・0.2%
  • 年会費:JCB・無料/VISA・1,029円
  • 特徴:16歳以上から申込可能・JCBのポイント還元率がクレジットカードと同等

楽天銀行デビットカードは、発行手数料無料のデビットカードです。

申込条件は、16歳以上で、楽天銀行の口座開設が完了していることです。もちろん、楽天銀行と同時に申し込むこともできます。

(2)JCBデビットカード

  • ポイント還元率;発行会社により異なる
  • 年会費:発行会社により異なる
  • 特徴:中学生を除く15歳以上から申込可能・キャンペーンや特典が多い

JCBデビットカードは、クレジットカードブランド大手のJCBが、千葉銀行やセブン銀行などと組んで発行しています。

利用できるのは世界中の21の国と地域で、VISAと比べると加盟店舗数は少ないものの、その分キャンペーンや特典などが充実しています。

なかでも、ディズニーランド関連のキャンペーンが多いのが魅力です。

(3)VISAデビットカード

  • ポイント還元率;発行会社により異なる
  • 年会費:発行会社により異なる
  • 特徴:中学生を除く15歳以上から申込可能・加盟店が多いため、利便性が高い

VISAデビットカードは、世界中の200以上もの国と地域で利用されているVISAが提供しているカードです。

発行している銀行は主に、三菱東京UFJ銀行やスルガ銀行、りそな銀行など。

キャンペーンなどの優待特典は少ないですが、加盟店が圧倒的に多いため、国内外での旅行が多い方におすすめです。

4.口座振替

4-1.口座振替は条件付きのケースがほとんど

口座振替に対応しているMVNOも、数は少ないものの存在します。クレジットカードやデビットカードを持っていない方におすすめの支払い方法です。

ただし、ポイント還元がなく、MVNO公式サイトでSIMフリー端末を購入する場合には、口座振替を選択することができません。

口座振替を選択した場合、契約はネットからではなく、郵送で書類のやり取りを行う必要があります。

そのため、他の支払い方法と比べると手間と時間がかかってしまう点にも注意しましょう。

4-2.口座振替払いのメリット・デメリット

【メリット】

  • クレジットカードなどがなくても契約できる
  • 自動的に引き落とされるため、支払い忘れの心配がない
  • 月額料金を把握しやすい

【デメリット】

  • 振替手数料がかかる
  • 残高を確保しておかないと、料金滞納の恐れがある
  • ポイントの還元がない
  • プランの選択肢が狭まることがある

4-3.口座振替対応の格安スマホ会社

格安スマホの支払いに口座振替を利用できる主なMVNOは、以下の4社です。

(1)楽天モバイル

楽天モバイル
  • 振替手数料:月額100円
  • 条件:なし
  • 申込方法:公式サイトの申込ページにて、口座情報を入力

楽天モバイルは、口座振替でも利用料金の1%分の楽天スーパーポイントが還元されるのが特徴です。

口座振替に対応しているMVNOの多くは郵送手続きを採用しており、契約完了までに1ヶ月ほどかかってしまいます。

しかし、楽天モバイルであれば、公式サイトの申込ページにて口座番号を入力するだけで、すぐに契約することができます。

ただし、口座振替手数料として毎月100円引かれるのが数少ない難点です。

楽天モバイルの詳細はこちら

(2)BIGLOBEモバイル

biglobe sim
  • 振替手数料:月額200円
  • 条件:BIGLOBE会員でない場合、データ通信専用SIMのみ
  • 申込方法:公式サイト・郵送

BIGLOBE会員でない場合に選べるのはデータ通信専用SIMのみで、毎月200円の振替手数料が発生します。

すでにBIGLOBE会員の方は、これまで利用してきた支払い方法と合算払いできます。

申込みは、郵送手続きはもちろん、BIGLOBE公式Webサイトからも行えます。

郵送手続きだと口座振替できるまでに時間を要するため、できればWebサイトから手続きしましょう。

BIGLOBEモバイルの詳細はこちら

(3)mineo

マイネオ
  • 振替手数料:なし
  • 条件:eo光ネットを利用している方のみ
  • 申込方法:公式サイトでeoIDを使って申し込む

関西圏にお住いの方で、eo光ネットを口座振替で契約している方は、mineoの料金と合算払いすることができます。

申込みは、公式サイトの申込ページに「eoIDでログイン」し、支払い方法の選択画面で「現在ご契約中の支払い方法で支払う」にチェックを入れるだけです。

mineoの詳細はこちら

(4)OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
  • 振替手数料:なし
  • 条件:なし
  • 申込方法:カスタマーズフロントに連絡後、郵送

OCNモバイルONEで口座振替を選んだ場合は、手数料やプランなどの制限がないのが特徴です。

ただし、申し込む際は公式サイトからではなく、まず「カスタマーズフロント」に問い合せする必要があります。

その後2~3日ほどで届く書類に記入後、返送し、手続きが完了するまでに1ヶ月ほどかかります。

OCNモバイルONEの詳細はこちら

4-4.口座振替の注意点

MVNOのなかには、格安スマホの支払い方法に口座振替を選択すると振替手数料が発生する会社があります。

たとえ100円~200円程度だとしても、やはり出費はできるだけ避けたいものですよね。

さらに、口座振替の場合は郵送で手続きを行うことが多く、事業者によっては申込んでから受付完了するまでに約1ヶ月かかります。

ネットから申し込むだけで良いクレジットカードなどとは比べ物にならないほど、時間と手間がかかるため、口座振替を希望の場合は余裕を持って手続きしましょう。

5.主要MVNOの支払い方法まとめ表

これからMVNOに乗り換える方は、主要MVNOの支払い方法をまとめた以下の表を参考にしてください。

MVNO クレジットカード デビットカード 口座振替
楽天モバイル
BIGLOBE
(データ通信専用SIMのみ)
UQモバイル
TONEモバイル
(店舗購入のみ)
フリーテル
LINEモバイル
mineo
(eo光ネットを利用している場合)
OCNモバイル

デビットカードについては、各MVNOの対応状況が頻繁に変わる傾向にあります。

デビットカードでの支払いを希望する方は、念のため、手続きに進む前にカスタマーセンターで利用できるのか確認してください。

6.まとめ

■クレジットカード

  • 格安スマホでの主流の支払い方法はクレジットカード払い
  • クレジットカードなら各MVNOの全プランから選択でき、手続きもスムーズ
  • 契約には本人名義のクレジットカードしか使えない

■口座振替・デビットカード

  • 口座振替・デビットカードはMVNOにより対応状況が異なる
  • デビットカードは、各MVNOの全プランから選択でき、手数料なども発生しない
  • 口座振替に対応しているMVNOは、クレジットカード不要で契約できる
  • 口座振替は他の支払い方法とちがい、手数料の徴収やプランの制限がある

■その他

  • SIMフリー端末は、ネットや家電量販店で分割購入できる
  • プリペイドSIMなら現金払いが可能

基本はクレジットカードがなければ契約できない格安スマホですが、MVNOによってはクレジットカード不要でも契約することができます。

今回紹介した各支払い方法のメリット・デメリットやまとめ表を参考に、自分に合うMVNOを見つけましょう。

今売れている格安スマホとは?【2018年】

【LINEモバイル】

\LINE・SNS好きの味方/

lineモバイル詳しくはこちら>>

  • LINEアプリがカウントフリー(通話含む)
  • LINE Payでも支払いOK
  • Twitter・Instagram・Facebookが使い放題
  • トップクラスの通信速度
  • プランは月額500円からの選択可

LINEモバイルのレビュー

 

【UQモバイル】

\速い、安い、かけ放題/

UQモバイル詳しくはこちら>>

  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

UQモバイルのレビュー

 

【mineo】

\安さとサポートが決め手/

mineoのレビュー詳しくはこちら>>

  • 3大キャリアに完全対応
  • 2年連続で顧客満足度1位
  • ユーザー数増加数No.1
  • 解約金・契約縛りが0
  • キャンペーンが激アツ

mineoのレビュー

 

あわせて読みたい
バックアップ 格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホ移行前に!簡単にデータのバックアップをとる方法

2017.6.24
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
格安スマホに移行する前に、大切なデータのバックアップを取りたい!だけど、どのバックアップ方法がいいのか分からないとお悩みではありませんか?  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。