おすすめの格安スマホ(SIMフリースマホ)比較

画素数2000万以上!一眼レフ並みのカメラを持つ格安スマホ

画素数

風景や自撮りが綺麗に撮影できる格安スマホが欲しい!

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)に比べて格安スマホ(SIMフリースマートフォン)は、カメラ性能が劣るのでは?と思ってしまいます。

しかし実際は、iPhoneやGALAXY以上に高性能な機種が格安スマホ(SIMフリースマートフォン)に存在します。

この記事では、一眼レフ並みに綺麗な写真を撮れる2000万画素以上の格安スマホを厳選。InstagramやTwitterをはじめ、SNSで圧倒的に綺麗な写真を投稿することが可能です。

カメラ性能にこだわる方はぜひ参考にしてみて下さいね!

1.画素数2000万以上のおすすめ機種

ここから、画素数2000万以上のおすすめ機種をご紹介していきます。端末はMVNO(格安SIM会社)で購入が可能です。

販売価格はMVNOによって異なるため、参考程度にご覧ください。なお、すべての機種で分割購入が可能となっています。

1-1.ZenFone AR

zenfoneAR

スペック

販売価格 98000円
発売日 2017年6月23日
メインカメラ 2300万画素
インカメラ 800万画素
ディスプレイ 5.7インチ
画面解像度 2560×1440
対応メディア  microSDXC
メモリ 8GB
バッテリー 3300mAh
カラー ブラック
防水
おサイフケータイ
ワンセグ
デュアルSIM対応

世界最高クラスのカメラ性能を持つZenFone AR。名前のARから分かる通り、スマートフォンでAR体験が楽しめる(AR対応ゲームアプリなど利用可能)最新機種です。

メインカメラは2300万画素の高解像カメラに加えて、モーショントラッキングカメラ、深度カメラを併せ持つトライカムシステムを採用。3つのカメラで被写体を最高の状態で撮影することができます。

また、F値は2.0の大口径レンズで超高速のオートフォーカスが可能です。超解像度モードにすれば、驚愕の9200万画素で撮影ができます。ZenFone ARはディスプレイの美しさも際立っていて、2K解像度でありながら強度の高いゴリラガラスの仕様となっています。

その他、カメラ性能だけでなく世界初の8GBメモリ搭載(PCと同じレベル)やハイレゾ、4Kビデオ対応などスペック面ではSIMフリーに限らずすべてのスマートフォンの中でトップクラスです。

価格は高いですが、カメラ性能やハイスペックにとことんこだわる方には非常におすすめの機種です。

ZenFone ARを購入できるMVNO

1-2.ZenFone3 Ultra

ZenFone3 Ultra

スペック

販売価格 44980円
発売日 2016年12月9日
メインカメラ 2300万画素
インカメラ 800万画素
ディスプレイ 6.8インチ
画面解像度 1920×1080
対応メディア  microSDXC
メモリ 4GB
バッテリー 4600mAh
カラー シルバー
グレー
ゴールド
防水
おサイフケータイ
ワンセグ
デュアルSIM対応

圧倒的なカメラ性能を備えたZenFone 3 Ultra。オートメタルのかっこいい見た目が印象的です。2300万画素のメインカメラでは、F値2.0の大口径レンズを搭載。

光学式の手ぶれ補正、6層レンズ式、0.03秒の超高速オートフォーカス、色彩補正センサーなど、カメラ上級者も納得の性能を持っています。

カメラ機能だけでならZenFoneARに匹敵。超解像度の9200万画素にも対応していますよ。その他、目を引くのが何と言っても6.8インチの大画面でしょう。

音楽LIVEや映画、ゲームや電子書籍など迫力の画面で楽しむことができます。また、4600mAhの大容量バッテリーなので、電池持ちは非常に良いです。液晶割れしにくいゴリラガラス仕様、ハイレゾ音源対応なども嬉しいポイントです。

ZenFone 3 Ultraを購入できるMVNO

1-3.HUAWEI P10

huawai_p10

スペック

販売価格 44980円
発売日 2017年6月9日
メインカメラ 1200万画素
2000万画素(モノクロ)
インカメラ 800万画素
ディスプレイ 5.1インチ
画面解像度 1920×1080
対応メディア  microSDXC
メモリ 4GB
バッテリー 3200mAh
カラー ブルー
ゴールド
シルバー
ブラック
防水
おサイフケータイ
ワンセグ
デュアルSIM対応

モノクロ撮影のみですが、2000万画素のカメラ性能を持つHUAWEI P10。兄弟機種のP10Plusも同様の機能を持っています。

通常のカラー撮影は1200万画素となります。2つのカメラを合わせることで鮮やかな写真を撮ることが可能です。ハイエンド機種寄りの価格帯ですが、スペック面では価格に見合う性能です。

HUAWEI P10のカメラはカメラメーカーの大御所ライカ製となっています。背景ぼかしや美しいモノクロ撮影など、様々なカメラモードを楽しむことができます。

また、ズームをしても画質が落ちない2倍ハイブリッドズーム機能、光学手ぶれ補正機能、4K動画撮影にも対応して。F値はメインカメラで2.2、インカメラでも1.9と高水準です。同じ価格帯の機種で比較すれば、ずば抜けてカメラ性能が高い機種となっています。

HUAWEI P10を購入できるMVNO

2.ZenFoneシリーズの超解像度モード

格安スマホ(SIMフリースマートフォン)の市場で代表格となっているZenFoneシリーズ。ZenFoneシリーズには超解像度モードという機能が搭載されています。

超解像度モードとは、1枚の写真撮影に対する処理速度を遅くする代わりに、解像度を最大限まで伸ばす機能です。超解像度モードを使えば、2000万画素以上は当たり前で、最新機種なら9200万画素まで性能を上げることができます。

超解像度モードは1枚を撮り終えるまでやや時間がかかるため、普段は通常のカメラモードにして、高画質で撮影したい特別なときだけ使用するといいでしょう。ZenFoneシリーズであれば、この記事で紹介しているZenFone機種以外でも超解像度モードを利用することができます。

3.2000万画素以下でも綺麗にカメラ撮影できる機種

2000万画素を超える機種は非常に数が限られてしまいます。ここでは、2000万画素以下ではありますが、十分に満足できるカメラ撮影ができる機種を厳選しました。

3-1.KIWAMI2

KIWAMI2

スペック

販売価格 32400円
発売日 2016年12月22日
メインカメラ 1600万画素
インカメラ 800万画素
ディスプレイ 5.7インチ
画面解像度 1440×2560
対応メディア  なし
メモリ 4GB
バッテリー 3400mAh
カラー シルバー
防水
おサイフケータイ
ワンセグ
デュアルSIM対応

3万円台ながら1600万画素のメインカメラを搭載するKIWAMI2。省電力の有機ELディスプレイで普段の画面も非常に美しいです。カメラ性能では、4K動画対応で手ぶれ補正付き。暗い場所での撮影にも強く、背景ぼかしなど特殊な機能も使えます。

レンズのF値は2.0です。F値は小さいほど明るく高性能なレンズといえますが、この価格帯の機種では非常に優秀なレンズと言えるでしょう。microSD非対応なのがデメリットですが、メモリやバッテリー容量は標準以上の性能となっています。

KIWAMI2を購入できるMVNO

3-2.HUAWEI nova

HUAWEI nova

スペック

販売価格 28200円
発売日 2017年2月24日
メインカメラ 1200万画素
インカメラ 800万画素
ディスプレイ 5インチ
画面解像度 1920×1080
対応メディア  microSDXC
メモリ 3GB
バッテリー 3020mAh
カラー シルバー
グレー
ゴールド
防水
おサイフケータイ
ワンセグ
デュアルSIM対応

HUAWEI novaは端末価格が安い割に、高水準のカメラ機能を持っています。特にインカメラがハイエンド機種に匹敵する800万画素を搭載。

自撮りを重視する方には非常に使い勝手がいいでしょう。また、自撮りする時に背面の指紋認証センサーをカメラのシャッター代わりにすることが可能です。

オートフォーカスも0.3秒と高速で、動き回る被写体でもしっかりとカメラに収めることができます。暗い場所での撮影でも綺麗に仕上がります。レンズのF値はメインカメラが2.2、インカメラが2.0です。価格を考慮すると、十分なスペックと言えるでしょう。

画面サイズは5インチとやや小ぶりですが、手の小さな女性にとっては使いやすいサイズとなっています。

HUAWEI novaを購入できるMVNO

4.画素数に関する基礎知識

画素数の大きさは、カメラ性能にある程度比例はしますが、必ずしも綺麗な写真が撮れる条件ではありません。画像が綺麗かどうかはレンズ性能や解像度に依存します。

大きな画素数のメリットは何と言っても拡大サイズでも画質が劣化しないことでしょう。大体800~1000万画素あれば、ポスターサイズまで引き伸ばしても綺麗に出力することができます。

2000万画素あれば、ポスターサイズを超える巨大サイズでも綺麗な画質を保つことが可能です。

5.まとめ

いかがでしたか?

この記事では画素数2000万以上の機種と、2000万画素以下でもカメラ性能が良い機種をご紹介していきました。2000万画素以上の機種は数がかなり限られてしまうため、ある程度画質に妥協できるのなら1200万画素以上を目安に機種を選んでもいいかもしれません。

反対にSNSの投稿などで一切の妥協をしたくない方は、2000万画素以上の機種を選ぶといいでしょう。2000万画素以上の機種は一眼レフ並みに美しい写真が撮れるので、ぜひ体感してみて下さいね。

2018年7月の注目キャンペーン
  • LINEモバイル:2ヶ月間ぜーんぶゼロキャンペーン(8/27まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(7/31まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

 

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。