LINEモバイル(ラインモバイル)

使うと損?LINEモバイルはエントリーパッケージを解説

lineモバイルのエントリーパッケージ

LINEモバイルで利用できるエントリーパッケージは契約事務手数料を無料にできます。Amazonから購入できるのも魅力的です。しかし、本当にエントリーパッケージを使っていいのでしょうか?

この記事では、LINEモバイルのエントリーパッケージについて詳しいサービス内容から申込方法、さらにデメリットについても深く指摘していきます。ぜひ、参考にして下さいね。

1.LINEモバイルのエントリーパッケージとは?

まずは、LINEモバイルのエントリーパッケージについて詳しい内容を見ていきましょう。

1-1.エントリーコードを入力すれば契約事務手数料が無料

lineモバイルのエントリーパッケージ

LINEモバイルのエントリーパッケージ

LINEモバイルのエントリーパッケージを使うと、3000円の契約事務手数料を無料にすることができます。仕組みは、エントリーパッケージ内に記載されているエントリーコードを使って、LINEモバイルに新規契約するだけです。MNPでも使用可能です。

LINEモバイルの初期費用は、契約事務手数料3000円とSIMカード発行手数料400円の合計3400円がかかるのですが、エントリーコードを入力して申し込むことで初期費用は400円のみ(パッケージ代金は別)となります。

1-2.全プランの音声通話SIM・データSIMに対応

LINEモバイルの料金プランは、

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

の3種類です。エントリーパッケージ経由の申し込みは、全プランで対応しています。また、SIMカードの種類も音声通話SIM・データSIMともにエントリーパッケージを利用できます。回線も、ドコモ回線・ソフトバンク回線ともに対応です。なお、LINEモバイルの詳しい料金については「LINEモバイルの料金プラン」の記事を参考にして下さい。

1-3.SMSなし(LINEフリープランのデータSIM)の契約はできない

LINEモバイルのエントリーパッケージは音声通話SIMとSMS対応のデータSIMに対応しています。つまり、SMSなしのデータSIMは非対応ということになります。LINEモバイルで、最安となるLINEフリープランのデータSIMにはSMS機能がつきません。そのため、エントリーパッケージを経由しての申し込みが不可となります。

なお、コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランのデータSIMはすべてSMS対応なので、エントリーパッケージ経由で申し込みできます。

1-4.Amazonなら安い価格で購入できる

LINEモバイルのエントリーパッケージは様々な場所で購入できます。しかし、ほとんどの方が購入先として選ぶのがAmazonです。理由は購入のしやすさもありますが、価格が圧倒的に安いからです。実は、エントリーパッケージをまともに定価で購入すると3000円かかります。

そのため、契約事務手数料3000円が無料になってもプラスマイナス0で意味がないのです。ですが、Amazonなら400円程度までエントリーパッケージの代金が値落ちしています。契約事務手数料からパッケージ代金を引いて、2600円程度を浮かせることができるのです。

とくに理由がない場合は、家電量販店などの実店舗ではなくAmazonからエントリーパッケージを購入しましょう。ちなみに、Amazon以外でエントリーパッケージの販売をしている店舗は以下の通りです。

Amazon以外のエントリーパッケージ販売店舗

  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ジョーシン
  • ノジマ
  • カメラのキタムラ

エントリーパッケージの有効期限

LINEモバイルのエントリーパッケージには有効期限があります。有効期限はおよそ4ヶ月です。期限が切れると、エントリーコードが無効となるため注意してください。

1-5.エントリーパッケージを使った申し込み方法

エントリーパッケージ経由でLINEモバイルに申し込むには、

  • エントリーパッケージを購入する
  • エントリーコードを入力して契約する

の手順を行います。まずは、エントリーパッケージを購入しましょう。パッケージ内にSIMカードは入っていません。エントリーコードが書かれているのみです。エントリーコードを確認したら、LINEモバイルの公式サイトにアクセスします。店舗契約はできません。

申し込みページをタップしたら、申込み方法の選択画面が表示されるので「コードを使用して申し込み」を選んで下さい。

lineモバイルでエントリーパッケージ経由の申し込み

エントリーコードの入力欄が表示されたら、16桁の数字を入力します。なお、エントリーコードの下に表示されているキャンペーンコードは空欄にしておきましょう。

lineモバイルのエントリーコードの入力

エントリーコードとの併用はできません。エントリーコードの入力が終わったら「次へ進む」をタップ。以降は、画面の指示に従って、料金プラン、端末セット、回線(ドコモ回線・ソフトバンク回線)を選択。契約者情報と支払い情報を入力すれば申し込みは完了です。エントリーパッケージを使った申し込みはMNP(現在の電話番号で乗り換え)でも利用できますよ。

2.LINEモバイルのエントリーパッケージはおすすめできない

エントリーパッケージを使った申し込みはメリットしかないように見えますが、実は手痛いデメリットもあります。当サイトでは、以下の理由によりエントリーパッケージの申し込みはおすすめしていません。

理由1 キャンペーンと併用できない

エントリーパッケージを使う最大のデメリットが、キャンペーンと併用できないことです。LINEモバイルでは毎月魅力的なキャンペーンを開催していますが、エントリーパッケージを使って申し込むと、キャンペーンが適用されません。ほとんどのキャンペーンでは、以下のように小さな文字でエントリーコードと併用できない旨が記載されています。

キャンペーンの併用は不可

エントリーパッケージで節約できる金額はおよそ2500円です。しかし、キャンペーンを適用させれば倍以上の金額がお得になる場合があります。執筆時点では、全プラン対象で6ヶ月間、月額料金を900円引きするキャンペーンを行っています。割引額は5400円。エントリーコード経由の申し込みよりも圧倒的にお得です。

さらに、エントリーパッケージを購入する手間もないので、申し込みもスムーズです。LINEギフトコードが貰えるキャンペーンなどもエントリーパッケージを使うと対象外となってしまいます。エントリーパッケージはせっかくの魅力的なキャンペーンをみすみす見逃すことになるため気を付けなければなりません。

なお、LINEモバイルの最新キャンペーンについては、以下の記事を参考にして下さいね。

理由2 審査落ち(申し込みミス含む)したら返金されない

はじめて格安SIMサービスに申し込む方は、意外と多くの人が審査落ちします。審査落ちする理由は様々です。筆者の場合、本人確認書類の住所とSIMカード送付先の住所を一部入力間違いしてしまい審査に落ちました。住所の不一致は厳しく見られます。

エントリーパッケージを使ってLINEモバイルに申し込む場合、何かの理由で契約に至らなかったら、いかなる原因でもパッケージ代金は戻ってきません。申し込みミスがあり契約を途中キャンセルする場合も返金なしです。エントリーパッケージを使うとすぐに申し込みできないのもデメリットですが、さらに返金の保証が無いことも手痛いデメリットとなっています。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、LINEモバイルのエントリーパッケージについて、詳しいサービス内容や申し込み方法について解説してきました。Amazonで安く購入できるLINEモバイルのエントリーパッケージ。エントリーコードを入力して申し込むことで、契約事務手数料が無料になります。

一見、かなりお得に見えますが、実際はキャンペーンと併用できなかったり返金保証がなかったりとデメリットがあるのも事実です。当サイトの見解では、キャンペーンで得られる割引額の方が大きいので、エントリーパッケージを使った申し込みは推奨していません。

簡単に利用できるエントリーパッケージですが、あえて使用せずに通常申込でキャンペーンを適用させた方がいいですよ。

LINEモバイルの注目記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。